【大怪我】仕事を辞めるための「場所探し」【自殺】

 

今の環境から抜け出すために、飛び降りようとしたことはありますか?

 

心配性の人は普通の人よりも、「物事を深く考えること」が多いようです。

 

考えて行動するとミスも少なくなるし、計画的に物事を済ますことができますよね?

 

しかしもちろん考えすぎると脳が疲れてしまうし、心に余裕が無くなることもあります。

<strong>ふわん</strong>
精神的にあまり良くないよね…。

 

 

なぜなら考え過ぎて、脳に負荷がかかりすぎるような状態では、

 

「通常では考えられないような異常行動」を引き起こすことがあるからです。

 

※今回の記事は心配性わくわく著作の電子書籍の内容を、一部変更してブログ記事としても公開しています↓↓

思考能力低下の恐怖

仕事で忙しかったり、嫌な思いを長時間受けると「コルチゾール」と呼ばれる、

【ストレスホルモン】が多量に分泌されます。

 

そしてこのコルチゾールが増えてしまうと、

「脳の記憶を司る海馬を萎縮させること」があるのです(=゚ω゚)ノ

 

 

例えばパワハラなどの嫌なことを受けると、最初は腹を立てたり、反撃したりしますよね?

 

しかしその状態が長く続いてしまうと、だんだんと諦めて抵抗しなくなってしまいます。

 

これこそがストレスホルモンが出続けている危険な状況、

 

思考停止(フリージング)なのです。

 

<strong>ふわん</strong>
忙しくて過酷な労働環境なのに、仕事を辞められない…。

 

そんな人はただ単純に辞められないのではなく、

 

「冷静に考えることができなくなっている」

 

という可能性があるので要注意です。

 

【効果絶大】眠れない、不安な気持ちは「サウナ」で解決!!【ワクワク】

2019年7月15日

 人が急に自殺をする「理由」

これは実体験ですが、人は考えることができなくなると、

 

「自分でも予想外の行動」を取ることがあります。

 

 

心配性わくわくも過去に転職が上手くいかないときに、友達の紹介で、

「全くの未経験かつ過酷な建築現場」で働いたことがありました。

 

当時は「とりあえず仕事をしないとダメだ!」とすごく焦っていて、

すぐに正社員として働き始めたことをよく覚えています。

 

しかし当然ながら『建築の仕事がやりたかった』というわけではなかったので、

職場の空気も合わず、毎日死んだような顔で仕事現場に向かっていました…。

 

辞めたい…。

 

でも紹介してくれた友達に迷惑かけられないし…。

 

でも辞めたい…。

 

そんな鬱々とした気持ちと忙しさとストレスのなか、

突如として『あること』を思いついてしまいました。

 

作業中に足を折れば、友達も納得する、【仕事を辞める理由】になる…

 

<strong>わふわふ</strong>
こんな考え方が出てくるなんて、ちょっとおかしいのだ!!

 

当時の心配性わくわくは「仕事を辞める」ということだけのために、

実際に建築現場のケガをするのに丁度いい(?)高さの足場を探したり、

 

『実はわざと飛び降りた』

 

ということがまわりにバレないように、

「綿密な計画」を考えていたのです。

 

改めて今では考えられないけれど、そのときはそんな【異常な考え方】が、普通に日常の頭の中に浮かんでいました。

 

<strong>ふわん</strong>
まわりにバレないように飛び降りる計画を一生懸命に考えてたなんて…理解不能だよね…。

 

ただ結果的には実行する直前に怖くなってしまい、事なきを得ましたが、

 

「人間はストレスを過剰に受けると正常な判断ができなくなる」

 

ということが実際に経験して分かりました。

 

ふらっと電車に飛び込み自殺する人も同じように、

 

 「ちょっと前に踏み出せは…もうあの職場に行かなくていいんだ…」

 

というぐらいの考えになっていたのかと思うと…ゾッとしてしまいます。

 

周りの声が聞こえなくなったら要注意

 

アメリカの随筆家、リロイ・ジョーンズ が、「奴隷同士の鎖自慢」という言葉を残しているので、今回紹介します(=゚ω゚)ノ

 

奴隷は奴隷の境遇に慣れ過ぎると、驚いた事に、自分の足を繋いでいる

鎖の自慢をお互いに始める。

どっちの鎖が光ってて重そうで高価か、などと。

<中略>

現代の奴隷は、自ら進んで奴隷の衣服を着て、首に屈辱のヒモを巻き付ける。

そして、何より驚くべきことに、現代の奴隷は、

自らが奴隷であることに気付いてすらいない。

それどころか彼らは、

奴隷であることの中に自らの「 唯一の誇り」を見い出しさえしている。

 

人間の脳はストレスから身を守るために、

 

「通常では考えられない思考」を生み出すことがあります。

 

 

「自分よりも大変な人がいる…」

「みんなもやっているから我慢しなくちゃ…」

 

そんな、【職場の雰囲気】に飲まれていませんか?

 

 

「僕がいないとダメだ…」

「私がやらなきゃ…」

 

というような、【自己犠牲の誇り】に酔っていませんか?

 

他人のことばかりを気にしすぎてしまうと、一番身近で大切な存在である、

 

「自分」をひどく傷つけてしまうことになるので注意しましょう。

 

「飛び降りる」という最悪の一歩を踏む出す前に、

どうせなら『思いっきり挑戦する一歩』を踏み出してみてはいかがですか!?(*^^)v

【名言】『見る前に飛べ』の意味を知ることで人生は確実にワクワクしてくる!

2017年8月8日

【不安】転職することに一歩踏み出せない…そんなときに読んで欲しい【体験談】

2018年8月9日

 

ちなみに今回のお話は心配性わくわく初の電子書籍、『心配性がワクワクしてきた』の中から抜粋してお伝えしています(*^^)v

もし興味がある心配性の方はこちらからもどうぞ↓↓

 

ではまた~(*^^)v

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です