【悩み】心配性の自分でも『幸せ』を感じたい!【解決方法】

 

「幸せなんか そこら中いっぱい 落ちているから 欲張らずに 拾っていこう」

 

 

これはMr.Children「ひびき」という曲の歌詞の1部分です。

 

心配なとき、不安なときほど、「あ~ぁ…幸せになりたいな…」なんて思わず口に出しちゃうことってありますよね?

 

 

しかし、「あなたにとっての幸せ」は具体的に、どんなものなのでしょうか?

 

というのも「幸せ」ってものは漠然としていて、いまいちハッキリしていない存在ですよね。

 

ふわん
う~ん…たくさんのお金、素敵なパートナー、自由な時間とかかな…?

 

「よくわからないもの」を欲しがっているのは、目的地が分からない地図を持ち、

ただ同じ場所を歩き回っている状態に似ています。

 

 

わふわふ
そんな時は「自分自身が求めている幸せについて知ること」が大事なのだ!!

 

【結論】心配性のまわりにも、幸せはたくさん「落ちていた」

いきなり実も蓋もない結論になりますが、「幸せ」というは冒頭の歌詞のように、「普段の生活の中」にありました。

 

ふわん
いやいや、いきなりそんな綺麗ごと言われても困るわ…。

 

たしかにありきたりな結論過ぎて、少しむかつきますよね(;・∀・)

 

 

しかしなぜこんなことを言うのかというと、不安なときに人は、

 

「幸せなことが近くにあっても気づけない状態」

 

になっていることが多々あるからです。

 

 

なのでいくらあなた自身に「良いこと」があったとしても、

 

  • このあと悪いことが起こるんじゃないか…
  • どうせ自分なんてこれ以上は無理だ…

 

という具合に、「考えが悪い方向」に流れてしまいます。

 

その考えは自分に自信が持てなかったり、嫉妬や不安であったりと、「様々な要因」が複雑に絡み合って生まれてしまいます。

 

そんな時には前の章からお話しているような、

 

  • 他人と自分を「比較」しない
  • 「まだ起きていないこと」に悩まない

 

これらの考え方が非常に大切になってきます。

【不安】まだ『起こってもいないこと』に怯えるだけではもったいない!!

2020年2月26日

【不安癖】気にする人は損する人!?物事をくらべても良いことなんて無い!【モヤモヤする】

2020年2月5日

 

そしてもうひとつ加えたい大事なことこそが、幸せなことに「気づくこと」です。

 

  • 今自分がいる『環境』
  • 今の周りの人との『繋がり』
  • 今の自身の『健康』

 

 

わふわふ
人間は『今の環境』を当たり前に過ごしていると、手にしているものの「有り難み」を忘れてしまいがちなのだ!!

 

そんなときに大事なのは、普段の生活の中にある「幸せのタネ」を探し、拾いに行く努力です。

 

しかしこのままでは『幸せ』というものが、まだぼんやりとした存在なので、心配性わくわくなりに『幸せ』についてさらに調べてみました!

 

心配性が「幸せ」を科学で解明する

 

色々と調べてみると科学的に「幸せ」というのは、

 

幸せのホルモンと呼ばれる『セロトニンが大量に分泌されている状態だった』ということが分かりました。

 

 

ちなみにこのセロトニンは、

 

  • 恐怖や興奮を司る「ノルアドレナリン」
  • 喜びや快楽を司る「ドーパミン」

 

これらの物質と共に「三大神経伝達物質」とされています。

 

わふわふ
この神経伝達物質にはそれぞれ、『不安を抑え、気持ちを安定させる』という働きがあるといわれているのだ!!

 

医学的にもセロトニンは不足してしまうと、「うつ病」「不眠症」になることで知られているように、人体にとっても重要なホルモン物質だったのです。

 

そしてこの幸せのホルモンであるセロトニンが分泌されるには、

 

  • 食事
  • 日光を浴びる
  • 睡眠
  • 適度な運動
  • 感情を動かす(刺激を受ける)

 

という「5点」がとても大切になります。

 

ふわん
バランスの良い食事をして、大自然の中でスポーツをして楽しく過ごし、夜はぐっすりと眠ればいいんだね…。

 

確かにこの生活を過ごせれば、「幸せ」と感じることができそうですよね?

 

もちろんそんな「経済的な余裕」さえあれば、すぐにでもそんな余生を過ごしたいなぁ…と心配性わくわくも思います笑

 

 

ふわん
でも現実問題、こんな「幸せな生活」を過ごすことは難しいよ…

 

では、手っ取り早く「幸せ」になるためには、どうすれば良いでしょうか?

 

幸せを感じるためには、【幸せになる食べ物】をたくさん食べる

「幸せホルモン」とまで言われている「セロトニン」が、含まれている食べ物をたくさん食べれば…

 

とても簡単に「幸せ」状態になれるのではないでしょうか?

 

ふわん
さすがに考え方が単純すぎる気がするけど…。

 

たしかにちょっと単純すぎる発想ですが、もしそれが可能なら…とても効率的ではありますよね笑

 

そこで調べてみると、この「セロトニン」は体内にアミノ酸の一種である、

「トリプトファン」という栄養素を取り入れることで、

 

『体内で作りだされる物質』ということが分かりました!

 

  1. トリプトファンが腸から取り込まれて、血液の中を循環する
  2. 腸や脳などに到達し、トリプトファン水酸化酵素という酵素をもった細胞と出会う
  3. セロトニンが合成される

 

ふわん
つまり「セロトニン」を作るためには、「トリプトファン」が必要不可欠ということなのね…。

 

なので今度はこの「トリプトファンが多く含まれる食材」を挙げてみました。

 

  • 豆腐や納豆、味噌、醤油などの『大豆製品』
  • チーズやヨーグルトなどの『乳製品』

 

そしてさらに果物の「バナナ」にも、トリプトファンが多く含まれていることが分かりました。

 

しかもそんなバナナには、セロトニンを生成するのに必要な炭水化物や、ビタミンB6もバランスよく含まれています。

 

手軽に食べられるし、日常的に買うこともできるから、とりあえずバナナを大量購入&大量摂取すれば大丈夫です!

 

 

…と思いきや、実はトリプトファンはその他にも「あらゆる食材」に含まれており、

 

『偏食さえしなければ普段の食生活でも摂取できる』

 

という新事実があったのです…。

 

わふわふ
つまり、『それほど意識をして摂取する必要はない』ということなのだ!!

 

 

つまり結局は家庭的な食べ物である味噌汁、ヨーグルト、牛乳などを、

 

「バランスよく摂取する」

 

これに尽きるということでした(;・∀・)

 

ただしバナナは腹持ちも良く、時間の無い朝食のときにもサッと食べられるので、「健康という幸せ」のためにはとても効果的だと考えられます。

 

さて…私たちはどうすれば本当の「幸せ」になれるのでしょうか?

 

心配性が幸せを感じるために必要なことは、「与えること」

「幸せ」はぼんやりとしていて、ハッキリと「何か」というのは目に見えません。

 

しかし「自分自身が幸せだと感じること」の1つに、

 

「与えること(give)」があります。

 

 

とある研究所の実験で、

 

「ボランティアに参加した人」

「そのボランティアの方に支援された人」

 

この参加者2名の「幸福度のホルモン数値を測る」という実験がありました。

 

この実験、どちらがより「幸福」を感じたでしょうか?

 

 

ふわん
それはやっぱり『助けてもらった人』の方が幸せって感じるんじゃないの…?

 

しかしその実験結果は驚くことに、「ボランティアの方に支援された人」よりも、

 

「ボランティアに参加した人の幸福度数値が高かった」というのです!

 

てっきり「支援された人」が助けられたことに「幸福」を感じるのかと思いきや、

ボランティアとして参加した人の方が「幸せ」を感じていた。

 

わふわふ
なんだか少し不思議に感じる話なのだ!!

 

 しかしこの実験結果から分かることは、

 

人間は自分が何かを【与えたとき】に、してもらったときよりも、『強い喜び』を示す

 

という事実でした。

 

ちなみにこの実験は驚くことに、「2歳未満の幼児」に試しても、同じような結果が出たというのです。

 

つまり、「何かを与えること」で幸福を感じるのは「人間の生まれつきの性質」だったということまで判明したということです。

 

またハーバード大学の研究者による別の研究では、

 

幸せはお金で買える。ただし、【他人のためにお金を使った場合】に限る

 

という結論も出ているという面白い話がありました。

 

わふわふ
幸せになりたいと思ったら、「自分から周りに救いの手を差し伸べる」ということも意識してみるのだ!!

 

ここで1つ注意点は、もちろん『自分を「犠牲」にする必要はない』ということです。

 

ただ『自分ができる範囲で困っている人を助けること』が、「幸せになるための第一歩だった」ということです

 

「情けは人の為ならず」

「情けは人の為だけではなく、いずれ巡り巡って自分に恩恵が返ってくるのだから、誰にでも親切にせよ」という意味である。

引用:Wikipedia

 

このことわざが日本に古く残っていることにも納得ですね♪(*^^)v

 

 

今回のお話は心配性わくわく初の電子書籍、『心配性がワクワクしてきた』の中から抜粋してお伝えしています(*´▽`*)

もし興味がある心配性の方はこちらからもどうぞ↓↓

 

ではまた~(*^^)v

 

 

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です