【心配性】自己嫌悪、焦り、不安に押し潰されそうになったとき絶対におすすめしたい対処法は「立ち止まること!」

どうしたらいいかわからない、自分にはなにもできない…

そんな苦しいときにこそ「立ち止まること」が必要です。

 

  • 「まわりに比べてできない自分のことが嫌になる…」
  • 「失敗つづきで自分に自信がなくなる…」

 

嫌なことが続いたり自分に自信が無くなったりしたときって、

急に不安になって苦しくなりますよね。

 

じつは心配性わくわくも過去の転職失敗がつづいてしまったときにひどく落ち込みました(-_-;)

 

でもそんなじぶんが落ち込んで、精神が不安定なときに限って仕事や家のことで更に忙しくなってしまいます。

 

心配事や不安があってもやることはやらないといけない…

 

おなじような苦しい状況を心配性わくわく@spswkwkも経験しました(;´Д`)

 

そんなときに気づいた、

「立ち止まること」の大切さと「焦りの恐怖心」の対処法

について今回お伝えします。

 

具体的には

  • 「立ち止まること」の大切さ
  • 「焦り」と「恐怖」について知ること
  • まわりと比べてしまうことの危険性
  • 偉人の名言
  • まとめ

の順番にご紹介していきます(/・ω・)/

 

約5分くらいで読めるので、

ふわん
どうしたらいいかわからなくて不安…そんなじぶんが嫌い…

 

という「暗く苦しくなっているあなたのきもち」が、「前向きにわくわくするきもち」へ劇的に改善される可能性が高いので、

まずはご一読をどうぞ!(/・ω・)/

 

【心配性】「自分は不幸だ」と考えるとさらに悪いことが集まってくるって本当!?驚くべきカラーバス効果について

2018.06.14

【人間関係】嫌いな人で人生を疲れたくない、人生を楽しく過ごす方法は「イイトコメガネ」を持つという考え方

2017.09.07

 

 

1日1回、必ず「立ち止まって考える時間」をつくる!

不安に押しつぶされそうになっていても、日々の日常は変わらず流れます。

 

あれもやって、これもやって。あ、あとあれもやらなきゃ…。

 

普段なら出来ることでも心配事や不安を抱えていると、上手くいかないですよね(*_*)

 

不安⇒でも忙しい⇒上手くいかない⇒落ち込む⇒不安(繰り返し)

という負の連鎖にいったんハマってしまうと大変です。

どんどん自信が無くなりネガティブな方向、自己嫌悪になります。

 

スポーツでも試合の流れが悪くなると、必ず監督がタイムアウト(休憩)を取りますよね?

なのでそんなときはあえて少しだけ時間を取って休憩し、

「立ち止まって今の自分を見つめる」

ということを試してみてください。

 

 

「まわりに置いて行かれてしまう…」という焦りと恐怖心について知る!

 

  • 「自分が立ち止まっている間にも他の人は先に進んでいる。」
  • 「自分には立ち止まってるヒマなんか無い!」

 

こんな考え方になっていませんか?(´・ω・`)

心配性わくわく自身も将来の不安から副業としてブログを書き始め、

忙しい生活の中で時間を作ろうと自分なりに色々と試行錯誤していた時期がありました。

 

その結果…逆に「ブログを書けないことが大きなストレス」になってしまいました。

 

頑張って時間を作ろうとしてるのに、忙しくてブログを書けない…。

努力に結果がついてこないときほど辛いときはないですよね。

 

周りはどんどんブログを更新しているのに、自分だけが取り残される。

そんな状況にとても焦り、不安になりました(;_:)

 

しかしそんな時に一度立ち止まって考えてみると、

この「焦り」という恐怖心こそがすべての原因になっているのではないか?

ということに気づきました( ゚д゚)ハッ!

 

周りの人と自分を「比べてしまうこと」に良いことは無い!

たとえば「駅の階段をのぼるとき」を想像してください。

人それぞれのぼり方はちがいますよね?

一気に一段飛ばしでビューンと駆け上がる人もいれば、

踊り場ですこし呼吸を整えてのぼるという人もいますよね。

 

それはその人に合ったそれぞれのペースがあるから」です。

 

もちろん階段をスッと駆け上がっていける人はカッコいいなぁと憧れます。

だから自分もついて行こう!と考えますよね。

しかし頑張ってついていこうとしても、段々と離されてしまうのが現実です。

 

そうなると…

  • 焦り(なんとかして追いつかなくては…)

  • 自己嫌悪(あの人は昇れているのになんで自分は…)

という心配と不安に自分がとらわれてしまいます(+_+)

 

ふわん
そんなのじぶんとは体力や年齢、能力が違うんだからそもそも無理だよ

と客観的に見れば分かることですよね。

 

しかし当の本人は「なんでだろう?じぶんならもっと出来るはずなのに…」という、

自分のプライドに邪魔されて周りが見えなくなっているのです。

 

ましてや忙しくて余裕が無いときはいつも以上に調子が出ませんよね。

そんなときほど一息入れて足を止め、まわりを見渡してみることのできる「余裕」を作りましょう。

そうすることで先に進める人の「強味」や「特徴」という真似すべき良いところが見えてくると同時に、

先に進めないじぶんの「弱み」や「性格」を知り、成長するための改善点が見えてくるはずです(^^)v

 

昔の偉い人たちもおすすめしているから大丈夫!

しかしそんな前向きなことを考えようとしても、同じように心配性で不安なあなたは、

  • 「でもやっぱり立ち止まってしまうと動けなくなってしまうんじゃないか…」
  • 「自分が休んでいるあいだにも周りは先に進んでしまっているんじゃないか…」

 

そんな不安になりますよね(・・;)

 

しかし過去の偉人や教えにも「立ち止まる」ことの大切さを語っているのでそれを紹介します。

 

失敗の原因を素直に認識し、「これは非常にいい体験だった。尊い教訓になった」というところまで心を開く人は、後日、進歩し成長する人だと思います

松下幸之助

現パナソニックを一代で築き上げ、「経営の神様」とまで呼ばれる松下幸之助さんの言葉です。

焦らずに「失敗」を「受け入れること」でひとは成長できると教えてくれています(*‘∀‘)

 

「七走一座」(しちそういちざ)

七回走ったら、いったん座ってみよ

禅語

座禅を組むことで有名な「禅」の言葉です。

この「禅」の教えは現代でもスティーブ・ジョブズ、イチロー、安倍首相という有名な方々が取り入れています。

禅とは一言でいえば瞑想を意味する言葉なので、いちど心を静めることは大切ということですね ^^) _旦~~

「一日一止」(いちにちいっし)

「止」という字に「一」を足す「正」という字になるように、一日に一回、止まって自分を省みることは「正しい」ことである

中国古典

こちらは中国の古典にある言葉です。

古典らしく漢字にも意味があり、中国の長く続く歴史が残した名言ということが説得力を増しますね(*’▽’)

 

だれもが名前を知っている偉人から何百年も前から残っている言葉も、

「立ち止まること」の大切さを残しています。

「経営の神様」とも呼ばれた松島幸之助さんが言っているのですから、

焦らずにまずは深呼吸をしてみましょう(^O^)

 

 

【まとめ】忙しくて焦っているときほど一休み、まずは「不安の原因」を見つけよう!

本来「立ち止まる」ことはとても単純で簡単なことです。

しかしそんなかんたんだと思えることが、忙しくて不安なときほど出来てないことが多いですよね(・・;)

 

ふわん
焦って、失敗して、落ち込んで、じぶんが嫌いになって…っていう繰り返しだったのね…。

 

なのでこの悪循環の流れがあることを踏まえて、意識をして1度立ち止まることをしましょう。

 

  • 自分と周りを見渡す余裕を作ること
  • 自分の中の反省点を探し出すこと

の2つのことを試してみて下さい(^^)/

 

わふわふ
忙しいときに深呼吸できるくらいの「よゆう」をもつように意識すればだいじょうぶなのだ!

 

落ち着いて悪い流れをバッサリと区切ることがじつは最善策なんですね(*^^)v

不安なきもちをわくわくする前向きなきもちに変えて、楽しい日々を過ごしましょう!

ではまた~(^^)v

【わくわくする心理学】幸せになりたいっ!っていうけど、「幸せ」っていったいなんだろう?

2018.01.24

【心配性】病んでる心に響く!前向きな気持ちになれる人気の曲を4つ選んだ

2017.10.28

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です