【心配性】将来のことを考えると不安が止まらない!不況に生まれたのが不幸の始まり?

 

生まれてから「不況」しか味わったことのない人生は、「不幸」なのでしょうか?

 

 

日本の政治は良くない…。

 

景気が悪い…。

 

不況続きで希望が持てない…。

 

<strong>ふわん</strong>
何だかそんな『悪いこと』しか頭に浮かばないよ…。

 

生まれてからそんな「悪いニュース」しか聞いていないことも、

心配性のあなたが「不安を感じる原因」の内の1つです。

 

というのも、「景気が悪い」「不況だ」と日常的に聞かされていると悲しいことに、

 

将来に「希望」が持てなくなるからです。

 

1980年代後半から1990年代初頭、このバブル期と言われた「戦後最大の好景気」を味わえなかった世代は、特に日本の将来に期待ができません。

 

大人A「当時のバブルの盛り上がりを知らないなんて、かわいそうだね」

 

大人B「今のひとは生まれてすぐ不況だから、残念だよね」

 

<strong>わふわふ</strong>
こんな言葉を投げかけられても、悔しいけれど何も言えないのだ!!

 

しかしここで少し考えたいのが、

 

「本当に不況に生まれた世代は不幸なのか?」ということです。

 

景気の良かった「バブル時代」の話を聞いていると羨ましいけれど…

 

本当に「みんなが幸せ」だったのでしょうか?

 

経済の不況は 「個人の幸福」とは関係ない

 

心配性わくわくも結婚を目前にして、転職に4度も失敗していたときは、

 

「やっぱり不況の続く日本はもうダメだ…」

 

と感じて、酷く絶望していた時期があります。

 

しかし今思うとこの時期の自分は、

「就活が上手くいかない」という不安を責任転嫁して、

 

「転職が上手くいかないのは不況の日本が悪いんだ…」

 

という大きな形でまとめてしまっていたのが本音でした(-_-;)

 

<strong>ふわん</strong>
「ダメな自分の心」を守るために、なにか「言い訳」が欲しかったんだよね…。

 

 

 

しかしながら現在は「まったく別の考え方」をもつことができています。

 

それは、

 

<strong>わふわふ</strong>
「自分のできること」だけを考え、「自分でどうにもならないこと」はある程度諦めるという考え方なのだ!!

 

そんな「前向きな考え方」を取り入れたからです。

 

「不況だから」「政治が悪い」

 

というような大きな問題で悩む前に、まずは「自分で解決できること」を見つけるのが、自身の環境改善に効果的だったのです(*^^)v

【不安癖】気にする人は損する人!?物事をくらべても良いことなんて無い!【モヤモヤする】

2020年2月5日

どうしようもないことに悩んでる時間は「もったいない」

現代は「今までの社会の常識」として、良くも悪くも【終身雇用】が前提となっていました。

 

<strong>ふわん</strong>
良い大学に入って、大企業に入って、家を買って、定年までしっかりと勤めることが幸せな人生…。

 

この生活が「理想であり美徳である」というのが少なくとも、

「今までの人生ルートの正解の1つ」という時代でした。

 

しかしながら日本社会はバブルの崩壊から、景気の衰退、不況という時代に突入し、

私たちの世代は「今までの正解が通用しない時代」となったのです。

 

これにより「終身雇用制度の崩壊」や、「少子高齢化問題」などに発展し、

日本の社会経済はとても不安定なものになりました(´Д`)

 

しかし、よくまわりを見渡すと…

「悪いこと」ばかりではありませんよね?

 

医療という技術分野は、過去30年の間で急速に進化して、「不治の病」と言われていた病気も、現代では治せるようにもなりました。

 

さらに「IT」や「情報」という分野も急ピッチで発展、進化しています。

 

現代は個人がFacebookやTwitterといったSNSを利用して、

自由に情報発信をしたり、会社員も副業が認められる時代となっている。

 

<strong>わふわふ</strong>
今の時代、間違いなく「社会全体の自由度」は増しているのだ!!

 

ブログやSNSで『個人の意見を自由に発信できる』だなんて、以前の社会では考えられませんよね?

そんな昔より「良いこと」も実は少しずつ増えています。

 

  • 「世の中が変化していること」を意識する
  • 「淘汰されるもの」と「生まれるもの」を知る

 

というような「過去の自身の常識にとらわれないこと」を意識して、

「新しい考え方」を取り入れてみるのはどうでしょうか?

 

というのも、動物は太古の昔から厳しい環境を生き抜くために「進化」して、『新しい環境に適応すること』で生き延びてきました。

 

「進化論」で有名なイギリスの自然科学者、チャールズ・ダーウィンも、

こんな名言を残しています。

最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。

唯一生き残ることが出来るのは、【変化できる者】である。

 

ついつい忘れがちですが、人間も動物の一種ですよね?

 

不満不平を訴え「社会の波に逆らうこと」に労力を割くのではなく、

時代の波に乗り、「適応する努力」が大事ではないでしょうか?

 

【心配性】将来が不安すぎて未来が見えない!?『恐怖のタネ明かし』をしよう!

2020年2月7日

 昭和・平成・令和時代の「変化」

今ある私たちの「常識」は、昭和から平成の間で作られた「常識」です。

 

新しい元号になったのをきっかけに、自分の頭の中にある「常識」を最新版に更新し、

「今までの常識」とは違う世界を取り入れる、「絶好のチャンス」でもあります。

 

なぜならこの数年で世界だけでは無く、あなたの身の回りでも驚くほどの、

「進化」や「変化」が起きているからです。

 

  • 地元の地域密着型のスーパーが自動釣銭機やセルフレジを導入
  • タバコの喫煙者は隔離され、さらに電子タバコへと移行
  • 家庭で映画の最新作をAmazonプライムやNetflixで鑑賞
  • 不要品はメルカリなどのフリマアプリで個人売買
  • 本は紙から電子書籍になり、レンタルビデオ店も大きく減少

 

<strong>わふわふ</strong>
思いつくことだけでも、身のまわりにこれだけの多くの『進化』や『変化』があるのだ!!

 

そして人々の働き方にも大きな変化が起こりました。

 

  • 会社に雇用されず自由に働く『フリーランス』
  • 会社員で働きながら副収入を得る『副業』
  • ブログや広告で生計をたてる『ブロガー』や『アフェリエイター』
  • YouTubeに動画をアップして稼ぐ『YouTuber』
  • 必要最低限の物で暮らす『ミニマリスト』
  • ゲーム大会に出場して賞金を稼ぐ『プロゲーマー』

 

このような働き方は、少なくとも30年前までは考えられないことですよね?

<strong>ふわん</strong>
たしかに…これは親世代には理解できないことかも…。

【まとめ】将来の不安には「ワクワクすること」に全力投球することが効果的!

とても正直な話ですが、将来を見通すなんて「無理」です。

 

東大出のエリートやどんなに頭の良い海外の天才科学者でさえ、「100%の未来予測」はできません。

 

極端な話ですが、もしかしたら明日宇宙人が攻めてきたり、大災害で地球が崩壊する…そんな未来があるかも知れませんよね?

 

「なんとかできないもの」を心配し、不安になり、不満を溜め、不平を感じる。

 

この「考え方こそ」が、心配性のあなたの『不幸』を作り上げている…そんな気がしませんか?

 

<strong>ふわん</strong>
うぅ…結局変化を恐れて言い訳をして、どうしようもないことに悩み続けていたんだね…。

 

テレビをつけると不景気だ、不況だと暗いニュースばかりが流れています。

 

しかし、私たちはそれでもこんな世の中を生きていかなくてはなりません。

 

日本に生まれて、戦争を経験していない。

 

実はこれだけでも、他の諸外国から見たらとても恵まれていることです(´ω`*)

 

  • 社会の変化にアンテナを張り「情報取集」をする
  • 「過去の常識」にとらわれず、新しい世界を取り入れる
  • 他人を気にせずに「好きなこと」に没頭し、発信する

 

<strong>わふわふ</strong>
新しい考え方を取り入れ、「自分のできること」に全力投球してみると、自然にワクワクしてくるのだ!!

 

どうしても不安になってしまうけれど、少しずつ変化を取り入れて、一緒にこの世知辛い世界を生き抜いて行きましょう!(*^^)v

 

今回のお話は心配性わくわく初の電子書籍、『心配性がワクワクしてきた』の中から抜粋してお伝えしています(*´▽`*)

もし興味がある心配性の方はこちらからもどうぞ↓↓

ではまた~(*^^)v

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です