【HSP】干渉されるとストレス!あいてとの「ライン」を引いてじぶんを守ろう【解決】

 

一線を引くことで「自分の時間」を守り、

他人からの「余計な干渉」を防ぐのだ。

「エッセンシャル思考」作者 グレッグ・マキューン

 

 

  • 職場や学校など日常でやたら距離感を詰めてくるひと…
  • 仕事とプライベートを全く分けようとせずに仲良くしようとしてくるひと…

 

 

そんなひとたち、あなたのまわりにいませんか?(;´・ω・)

 

ふわん
もちろん距離が近いのが好きなひともいると思うけど、じぶんの場合はあまり関わってほしくないな…。

 

この時に「はっきりとした線引き」ができていないと、

 

  • あいての気持ちを「気にしない」
  • あいての気持ちが「分からない」

 

というようなひとはどこまで踏み込んでいいかわからず…どんどん「侵略」してきます。

 

わふわふ
そんな侵略者たちにいちいち対応していたら「じぶんの大切なもの」が見えなくなってしまうのだ!!

 

なので今回はそんな「干渉されたくない」という気持ち、ストレスから、「身を守るための方法」をお話したいとおもいます(*゚ー^)

 

ちなみに…
※『HSP』という言葉について知りたい方は、こちらの記事をどうぞ♪

 

干渉されるとストレスを感じるHSPは「断る勇気」を持とう

以前からの記事で何度もご紹介してきましたが、

  • 「干渉されたくない」
  • 「近すぎるひとがストレス」

というのであれば、

「ある一定のライン」をじぶんの中に引きましょう(=゚ω゚)ノ

 

そしてそのラインを越えることに対しては、しっかりと「断る」というのがとても効果的です。

【断りたい】期待に応えられなくても大丈夫!上手に断るための【3つのポイント】

2019年6月8日

 

ふわん
でも「断ること」って最初はとても抵抗あるし不安だよね…。

 

しかし長い目で見たら、勇気を出して一歩踏み出せれば「その後の生活」は大きく変わることができます。

 

わふわふ
日常には「モンスター」のようなひとたちがつねに「獲物」を探しているから、「断る」という選択肢がないと危険なのだっ!!

 

干渉されたくないときは「NO!!」としっかり「伝えること」が大事

やんわりと言っても伝わらない、分かってくれないあいてにハッキリと「No!」と伝えることで、

 

「このひとはここまで行くと断られるのか…」

 

とようやく「あなたの許容ライン」をあいてに知らせることができます(=゚ω゚)ノ

 

ふわん
本来ならこっちがはっきりと言う前に気付いて欲しいものだけどね…。
わふわふ
そういうひとたちには悪気なく、本当に気付かない(分からない)というパターンもあるから試してみる価値はあるのだ!!

 

じふんのキャラクターやポジションというのは一度決まってしまうと、後になって変えることはなかなか難しいです。

 

しかし逆に考えれば、「良いポジション」「愛されキャラ」をゲットできれば後々の人生にワクワクすることが増えるということでもあります(*^ω^)

 

干渉されるとストレスを感じるのは『自分だけ』ではない

ここまでは「断ること」の重要性についてお話をしてきましたが、ひとつ気になることがあります。

 

それは、

「あなたが他人の問題に深入りしすぎていないか?」

という点です。

 

ふわん
えっ…突然どういう意味なの…?

 

人助けが悪いことだとは言わない。

他人の役に立つの嬉しいものだ。

だが、「本人が解決すべき問題」を肩代わりするのは人助けではない。

その人は問題を解決しようとしなくなり、余計に問題から抜け出せなくなってしまう。

本人の解決すべき問題は本人に解決させる。

それがあなたのためであり、相手のためでもあるのだ。

引用:「エッセンシャル思考

 

この本の一文にもあるように、じつは知らず知らずのうちに、

  • 「わたしがやらなきゃ」
  • 「じぶんはそういう使命がある」
  • 「おれの役目だから」

 

というような自己犠牲、使命感、責任感から、あいてのことを「助け過ぎている」という可能性も無くはありません(@_@;)

 

わふわふ
厳しい言い方をすると、あいてを「甘やかしてしまっている」のだ!!

 

そんな状況、心理学では「共依存」という言葉があります。

共依存とは、自分と特定の相手がその関係性に過剰に依存しており、

その人間関係に囚われている関係への嗜癖状態を指す。

引用:Wikipedia

 

つまりあいてに頼られたり誘われたりすることに、じつは「まんざらでもないじぶんがいる」という可能性もあるのです(;・∀・)

 

ふわん
たしかに「しょうがないなー」とおもいつつも、必要とされてちょっと嬉しいかも…。

 

わふわふ
でもその関係で結局ストレス抱えてしまうのであれば、「良い関係性」とはいえないのだ!!

 

あいてを助ける過ぎることで向こうもあなた対して「依存的」になります。

 

そしてあなたも頼られ、求められることに、

「じぶんの価値を見出だしている」

という状態になってしまっていると、お互いに変わることは難しいです。

 

なのであいてがあなたに寄ってくるのも、

じつはお互いが「ライン」を踏み越えている。という可能性があることにも注意してください。

 

【まとめ】干渉されるとストレスを感じるHSPは「断ること」でじぶんを守ろう!

「断ること」にはとても勇気がいりますが、残念ながらそれぐらいしないと「気づかない」という鈍感な人は一定数存在します( ´-ω-)

 

そして気がつくとそんな「頼られること」に慣れてしまい、ストレスは溜まるけれどその「ポジションから抜け出せない」という苦しい状態になってしまいがちです。

 

良く言えばアットホーム、家庭的、協力的な人間関係ですが、心配性わくわくと同じように、

 

  • 「濃い人間関係」を求めていない
  • 我慢やストレスから身を守りたい

 

というあなたに必要なことは、断るときは断って「じぶんを守ること」です。

 

もちろん断ることで一時的に関係が悪くなることはありえます。

 

ふわん
それでもストレスを溜めて、身体を壊して退職するよりかは全然マシだよね…。

 

「ライン」を心の中に引いて「ストレスのない距離感」を保つ!

 

これで心身ともに健康で、ワクワクとする日々を過ごせるようにしましょう(*゚ー^)b

 

 

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です