【宗教勧誘】信じる者は足元すくわれる【注意】

 

優しくてなかなかNOと言えない心配性のあなたには、

「ある特定の人々」が集まってきます。

 

 

それは「お金を貸してくれ」という昔の友人だったり、

「スキルがなくても誰でも○○万円稼げます!」というネットビジネスの勧誘であったり、

はたまた「宗教の勧誘」だったりします。

 

もちろんこの本の中では「宗教の勧誘等の行為」はありません笑

わふわふ
この先も安心して読み進めて良いのだ!!

 

しかしそんな心配性わくわくも、過去に「宗教」に勧誘されたことがあります。

ふわん
あのときは本当にびっくりしたね…。

※今回の記事は心配性わくわく著作の電子書籍の内容を、一部変更してブログ記事としても公開しています↓↓

彼らは「誘う相手」をよく見ている


そんな宗教の勧誘は比較的、学生時代の元クラスメートからが最も多く、

突然話したことのないクラスメートが自宅のポストに手紙を入れてきた

ということも実際にありました。

 

当時はまだ個人情報に対して甘かったので、卒業アルバムに自宅の住所が載っていたんですね笑

なので恐ろしいことにそれを見て、家の前までわざわざ来ていたようです…。

ふわん
うぅ、怖すぎるよ…。


そして特に困ったのが、中学生時代によく遊んでいた友人に飲みに誘われて行ったら、

2人きりの席で熱心に「宗教の素晴らしさ」を説かれる、悪夢のような状況。

 

さらにもう1つ、友人からの「ご飯を食べに行こう」というお誘いでついていったら、

そこが「宗教団体の本拠地」だった、という地獄のような状況です。

わふわふ
さすがにこのときは「騙されたっ!」と感じたのだ!!

 

もちろん熱心な信者の人ほど、「あなたのために!」という強い情熱で勧誘してきますよね。

 

しかし幸いにも当時の心配性わくわくは、まだそこまで心が弱っていなかったので、

「いやいや~と、とりあえず今は大丈夫だから!」

とやんわり断り、なんとか入信せずに済みました。

 

しかしこれがもし、「酷く落ち込んでいるような当時の状況」であれば…。

 

今の辛い状況から助けてくれる…楽になれる…

 

そんな彼らの「甘い誘い」に応じてしまっていたのかもしれません。

 

宗教は「良いもの」なのか?「悪いもの」なのか?


正直宗教という単語聞くだけで、「詐欺」や「洗脳」というような、

マイナスイメージがあって怖いですよね?

 

しかしながら色々と調べてみると、長く人間の歴史に残る「宗教」というのは、

とても優れた「仕組み」でもあるようです。

 

そもそもなぜ宗教が生まれたかというと、

「人間にはどうにもならないことが起きた」

というときに、「それ」を説明するために、生まれたものが「宗教」という考えでした。

 

なぜなら、

「正体不明、原因不明のものには恐怖を感じてしまう」

ということが、人間の遺伝子には刻まれているからです。

ふわん
たしかに、よくわからないことって怖い…。

 

例えば、津波や雷、噴火などの自然災害も、当時の人々にはその原因が分からなかったので、

「きっと神が怒っているからだ」

と理由を付けることで、だれもが『納得』することができました。

また疫病や日照り、作物の不作というようなトラブルも、

「これは神の機嫌が悪いんだ」

などと言い出す人がいて、それを聞いた人達も「きっとそうだ!」と信じ込みます。

 

その「神」に対して儀式を行い、捧げ物をして、その対価として病気の完治や、

豊作を願ったり、雨乞いをしたりと願い祈ることが1つの「宗教」だったのです。

 

何か大いなる力に祈り、自分ではどうにもできない欲望を満たして欲しい…

 

そんな人々の「願い」から「宗教」は生まれたというのです。

わふわふ
不安や恐怖から逃れるために、きっとなにか『言い訳』が欲しかったのだ!!

 

人間は「理由が分からない」、「どうしようもできない」という理不尽さを解消するために、「神」という架空の信仰対象を作り、納得できるようにしてきました。

 

「なぜ地球があるのだろうか?」

「人間はどうやって生まれたのか?」

 

こんな疑問も、「神が創った」ということで、当時の人々はみんな納得していたのでしょう。

 

今では科学の進歩で「地球は宇宙の大爆発で生まれた」ということや、

「人は猿から進化した」というような色々な答えが見えてきました。

 

しかし、昔の人々は「どうしようもできない不安」に対し、「何かしらを信じること」で、

『心の平穏を保ってきた』という歴史があったのです。

 

宗教でしか解決できない「3つの問題」


科学技術が発達したこの現代ですが、宗教でしか解決できないとされていることが、

大きく「3つ」あると言われています。

 

「本当の幸福」

「人生の目的」

「死」

これらは人間にとって大きな「3つの問題」です。

 

これを分かりやすく言いかえれば、

  • 幸せが何か分からなくなったとき
  • 人生の目的を見失ったとき
  • 死を意識したとき

 

このような状態に陥ったときに、

人間は「宗教」というものに助けを求めてしまいます。

 

なぜなら人間は先ほどお伝えしたように、

「自分で理解できないこと」

「説明できないこと」

これらのことに強い恐怖とストレスを感じる生き物だからです。

 

ちなみに20万部を超えるベストセラー、「お金2.0」の著書である佐藤航陽さんは、本のなかで「宗教」についてこう話していました。

宗教とは、社会の中で報われない人たちを前向きな気持ちにさせる「救い」

報われない現実からの、「避難所」のような役割があった。

そういう意味では、宗教は過酷な生活環境で多くの人が困っていた課題に対する、

ソリューション(解決策)として存在していた。

ふわん
「過酷な生活環境」を解決するための存在…?

 

心配性わくわくはの久しぶりに会った友人から、

「ご飯のお誘い→突然の勧誘」

という悪夢のような連続技をくらった経験で、

「宗教=悪」

という自分なりの結論を出していました。

 

しかしこの歴史的背景を見ると、やはり宗教と人間の間には、

そう簡単に切っても切り離せない「関係」があることが分かりました。

「信仰」と「強要」は全く違うもの


すごく楽しかった場所や、読んで良かった本を人に勧めたくなりますよね?

そんな宗教も純粋な気持ちで、

「あなたにとってとても良いことだから!」

という部分で勧誘してくる人が実際にはたくさんいました。

 

勧めている本人には全く悪気が無く、本当に『善意で勧めてる』というケースです。

 

しかしここで注意したいことは、自分にとっては良いことだけども、

「相手にとって本当に良いことかどうかは相手次第だ」

ということですよね。

 

これを理解してないで勧めてくるのは、勧誘ではなく「強要」になります。

信じるか信じないはもちろん個人の自由です。

しかし相手のことを考えずに『強要すること』は、マナー違反だと心配性わくわくは感じます。

 

信じる者の足元を「巣喰う」者たち


「宗教」と聞くだけで身構えてしまい、少し距離を取ってしまいますよね?

 

しかし大前提としてどんな宗教であれど、実際は日本国民憲法で、

個人の【信教の自由】が保障されています。

 

なので、より一層注意するべきは先に話した善意の勧誘ではなく、

完全に相手の弱みに付け込んでくる「詐欺・洗脳タイプ」の人たちです。


人は弱っているときはワラをもつかむ勢いで、何かに助けを求めてしまうものです。

しかしそんなときに卑劣にも近寄ってくるような、【宗教の勧誘】には気をつけましょう。

 

「心を病んで病院に行ったら、その病院は【とある宗教団体】と裏で繋がっていて…」

 

そんなウソのような怖い話もあります。

 

まともな判断ができない状態なのを良いことに、入信させる。

こんなことは「信教の自由」ではなく、完全に詐欺と洗脳です。

ふわん
でも、どうしても『何かに助けを求めたくなる気持ち』はとてもわかるよ…。

 

誰かに「進むべき道」を導かれ、「幸せ」が何かを教えてもらい、
肉体が「死」んだ後のことを託せたら…

確かに心配や不安は無くなるかもしれません。

 

しかし、それは本当に「あなたの人生」なのでしょうか?

 

入信することで今後は、「宗教の教えに自分の人生を当てはめていく」ということなります。

 

人は自分の人生を選び進んでいきますが、これでは、

「自分の人生を歩めなくなる」という可能性もあります。

 

わふわふ
宗教が良いか悪いかは、「自分自身」がしっかりと判断するべきことなのだ!!

 

どうしても苦しくてどうしようもなくなる状況になることはあります。

ただそんな時はこちらの記事にも書いたように、『一度立ち止まること』をおススメします(*^^)v

自己嫌悪、焦り、不安に押し潰されそうになったとき絶対におすすめしたい対処法は「立ち止まること!」

2018.02.24

 

 

ちなみに今回のお話は心配性わくわく初の電子書籍、『心配性がワクワクしてきた』の中から抜粋してお伝えしています(*^^)v

もし興味がある心配性の方はこちらからもどうぞ↓↓

ではまた~(*´∀`)ノ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です