【七つの大罪】羨ましい、憎い、ずるい…人間が必ず抱いてしまう「嫉妬」とは?

 

妬み…ねたむこと。

嫉み…そねむこと。

僻み…ひがむこと。

 

 

こんにちは~。

心配性わくわく@spswkwkです(=゚ω゚)ノ

 

 

以前の記事で「七つの大罪」と呼ばれる、

人間を罪へと導く可能性がある七つの感情や欲望について

のお話しました。

<strong>ふわん</strong>
改めてみるとスゴイ内容の記事だよね…。

【七つの大罪】職場で嫌われる人、身の回りで問題を起こす人、何でも欲しがる人…。人間の欲望は一歩間違えると「罪」になる。

2017年11月24日

 

今回はそんな中から、

 

「女の嫉妬は恐ろしい」

「男の嫉妬は見苦しい」

 

なんて言われている醜い感情の代表格(?)、

「嫉妬」について調べてみました(^O^)

 

他の七つの大罪シリーズはこちらからもどうぞ↓↓

【七つの大罪】傲慢な上司の特徴と倒し方!【対処方法】

2018年11月17日

【七つの大罪】めんどくさい、だるい、怠けたいという「怠惰」が、人間の文明を発展させたってホント!?

2018年5月11日
色欲について

【七つの大罪】人間をダメにしてしまう欲望、「色欲」とは?

2018年5月7日

【七つの大罪】憤怒は「コントロール感を奪われること」で引き起こされる【怒り】

2017年8月29日

 

七つの大罪の1つ、「嫉妬」とは?

あなたは「嫉妬」と聞いて何か身に覚えがありますか?(;・∀・)

 

心配性わくわく自身はブログをこうして書いていると、

どうしても他の人の閲覧数(PV)や収益が気になって調べてしまいます。

 

そしてだいたい報告をしているようなひとたちは、

「心配性わくわくよりも良い成績」

を報告していることが当然ながら多くあります(-_-;)

 

…そんなときにじつはめっちゃ嫉妬してます!w

 

<strong>わふわふ</strong>
元々の能力やセンスが違うから仕方のないけど、じぶんより優れてる人を見ると悔しいし羨ましいのだ!!

 

 

そんな「嫉妬」というのは私たちの感情の1つであり、

何かを失うこと、または個人がとても価値を感じるもの失うことをに対する懸念、怖れ、不安という「ネガティブな思考や感情に関連した言葉」

引用:Wikipedia

 

と言われています(=゚ω゚)ノ

 

そして嫉妬は「怒り」「恨み」

さらに「無力感」「嫌悪感」といった様々な感情と混ざり合うことが多いとも言われています。

<strong>ふわん</strong>
つまりとっても複雑で後ろ向きになりやすい感情なんだね…。

【諦め】自分は無力だ…そう考えてしまうのは「学習性無力感」が原因だった!【失敗】

2019年6月3日

自己嫌悪、焦り、不安に押し潰されそうになったとき絶対におすすめしたい対処法は「立ち止まること!」

2018年2月24日

 

 

特にこの「嫉妬の感情」が強く出てしまう人物というのは、

 

  • じぶんよりも「下に見えるひと」は罵倒して見下す。
  • じぶんよりも「上に見えるひと」を見ては反感を抱いて愚痴ばかり吐く。

 

という傾向があります。

 

…あなたにはこの傾向はありますか?

 

もしくはあなたの職場にいる「あのひと」に…当てはまってませんか?(;・∀・)

 

<strong>ふわん</strong>
そんな「後ろ向きな考え」に染まってしまわないように、じぶんも気をつけないとね…。

【七つの大罪】傲慢な上司の特徴と倒し方!【対処方法】

2018年11月17日

【人間関係】愚痴が多い「ネガティブモンスター」とは距離をとれっ!【良くする方法まとめ】

2018年10月24日

 

七つの大罪『嫉妬』の感情は「愛情の裏返し」ってホント!?

あなたは「嫉妬の感情が人間以外の動物にも存在する」ということを知っていましたか?(=゚ω゚)ノ

 

複数のペットを飼っているひとなら経験があるかとおもいます。

 

ある特定の個体だけを可愛がったりすると、

その「飼い主に可愛がられている個体」に対し嫌がらせをしたり、

部屋をわざと散らかしたりする「気引き行動」ことをすることがあるのです。

<strong>ふわん</strong>
「じぶんを大事にしてほしい」というおもいはどんな生き物も同じなんだね…。

 

 

ちなみにこんな「動物の嫉妬行動」に、

心配性わくわくは似ているなーっとおもうことがあります。

 

それはSNS上で問題になっている「アンチ」と呼ばれる方々の「荒らし行為」です。

 

 

正直本当に嫌いだったとしたら、

 

  • あいてと関わることをやめる。
  • 無視する。

 

ということが本来なら一番効果的です。

<strong>ふわん</strong>
「好き」の反対は「嫌い」ではなく「無関心」という言葉は有名だよね…。

 

しかしアンチと呼ばれるようなひとたちは、わざわざあいてのブログやツイッターに誹謗中傷という行為を続けます(;・∀・)

 

これ結局は「あいての気を引こうとしているだけ」ではないでしょうか?

 

元々は「羨ましさ」であったり「憧れ」という前向きな感情だったのが、

 

「あいてにされなくなったらどうしよう…」

「じぶんはこれだけ好意をもってるのになんで返してくれないんだ!」

 

という恐怖や恐れから、「嫉妬」「怒り」という暗い感情に変わってしまったんですね…。

 

<strong>わふわふ</strong>
まさに「愛情と憎しみは紙一重」という昔からの言葉のとおりなのだ!!

 

「嫉妬」という七つの大罪をコントロールするために必要な考え方

ここまでこの「嫉妬」という感情についての話を聞くと、

 

「うわあ~、やっぱり嫉妬するって醜い感情なんだ」

 

というマイナスなイメージしか当然ながらありませんよね(+o+)

 

しかしじつはこの「嫉妬心」があることで、

 

「あいつには負けたくない」

「あいつよりいい暮らしをしたい」

 

という「競争心」に火が付き、結果的に「自身の成長に繋がる」ということもあります(*^^)v

 

<strong>わふわふ</strong>
世界で活躍するようなアスリートには必ず「好敵手(ライバル)」という存在があり、お互いに競いあうことで更なる高みを目指しているのだ!!

 

なので嫉妬という感情は私たちにとって、

「なくてはならないもの」でもあります。

 

 

ここで大切なことは、

「嫉妬心」が強く後ろ向きな考え方に固まらないように「コントロールすること」です。

 

「嫉妬心」をコントロールするために必要なこと

それはずばり言ってしまうと「執着しないこと」です(=゚ω゚)ノ

 

あいてのことばかりが気になると嫉妬の感情に包まれてしまい、

次第に「じぶん自身」を見失ってしまいます。

 

「嫉妬しているじぶん」に気づいたら、

「じぶんはなんでこんなに嫉妬しているんだろう?」

と一度立ち止まり、冷静に考えるようにするのが効果的です。

 

<strong>わふわふ</strong>
感情に振り回される前に「じぶんと他人は違う」と良い意味で諦めるのだ!!

【心配性あるある】なんで裏切られるの?不安な気持ちを楽にする効果的な方法は「期待しないこと!」【心理】

2019年3月9日

【自己嫌悪】「イライラする自分」が大嫌い!そんな気持ちは「相手と自分を許す」という考え方が解決する

2018年3月3日

自己嫌悪、焦り、不安に押し潰されそうになったとき絶対におすすめしたい対処法は「立ち止まること!」

2018年2月24日

 

  • 「あいての良い部分」
  • 「じぶんの直すべき部分」

 

これらを客観的に見つめなおすことで嫉妬している原因が見つかります。

 

そして今度はその「嫉妬心」「前に進むための原動力」に変えることで、

さらにじぶん自身を成長させることができるはずです(*^^)v

 

【まとめ】まわりを嫉妬するよりも、自身を高める方がコスパが良い!

また心配性わくわく自身のお話になりますが、

最初の頃は他の人のブログの閲覧数や収益を見ていたときは純粋に、

 

「うわ~あのひとは良いなぁ~」

 

というような「あいてのことを羨ましいという感情」が生まれていました。

 

しかしじぶんのブログが伸び悩んでくると今度は、

 

「この人はこんな短期間でたくさん読まれてズルい!」

「きっとどこかでズルをしているんではないか…」

 

というように「あいてを疑い、妬んでしまうような感情」へと変化してきたのです。

 

そしてなんだかムカムカしてしまい、勝手にストレスを感じる日々をすごしていました(´Д`)

<strong>ふわん</strong>
「嫌なら見なきゃいい」とはおもいつつも、どうしてもまわりのことが気になってしまっていたよね…。

 

そんなストレスを感じていた時に、

 

「何でこの人のブログは多く読まれているんだろう?」

「何がじぶんのブログに足りてないんだろう?」

 

と冷静に、客観的に「あいて」「じぶん」を見つめ直してみたのです。

 

すると今までのじぶんの中にあったムカムカとしていた「嫉妬心」が消えて、

目の前にある「じぶんがやるべきこと」が見えた気がしました。

 

<strong>わふわふ</strong>
「あいてをじぶんの場所に「引きずり降ろす」のではなく、じぶんがあいての場所に「登っていこう」という気持ちに切り替えることができたのだ!!

 

愚痴を吐き、下ばかりを見下しているだけではまわりとの差は確実に開いていきます。

 

しかしこの「嫉妬」の感情は誰にでもあるものです。

<strong>わふわふ</strong>
「醜い感情だ」と抑え込むのではなく、上手くコントロールして前に進むための原動力に利用するのだ!!

 

「マイナス後ろ向きな感情」を、

「前向きなプラスの感情に変える」

 

これってとてもコスパ良くないですか?( *´艸`)笑

 

「嫉妬心」を上手にコントロールして、

「今より成長したじぶんなれる」と前向きに考え、

ワクワクとして日々を一緒に過ごしていきましょう!ヽ(^o^)丿

ではまた~。

 

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です