【焦り】押しつぶされそうになった、『不安』を絶ち切るための「タイムアウト」

 

苦しいときにこそ、「立ち止まること」が必要です。

 

 

「周りと比べてダメな私が嫌い…」

「失敗続きの自分に自信がなくなる…」

 

嫌なことが続いたり自分に自信が無くなったりしたときって、急に不安になって苦しくなりますよね。

 

<strong>ふわん</strong>
そんな精神が不安定なときでも、やることはやらなきゃ…。

 

<strong>わふわふ</strong>
実はそんな忙しくて苦しい時にこそ、一度『立ち止まる』ということが必要なのだ!

 

 

1日1回、必ず「立ち止まって考える時間」をつくる!

不安に押しつぶされそうになっていても、日々の日常は変わらず流れます。

 

あれもやって、これもやって…あ、あとあれもやらなきゃ…。

 

普段ならできることでも、心配事や不安を抱えているとなぜか上手くいかないですよね?

 

 

不安⇒忙しい⇒上手くいかない⇒落ち込む⇒不安(繰り返し)

 

 

こんな「負の連鎖」にいったんハマってしまうと、抜け出すのは大変です。

 

<strong>ふわん</strong>
どんどん自分に自信が無くなり、ネガティブな方向、自己嫌悪になっちゃうね…。

 

 

しかしそんなときは、あえて少しだけ時間を取って休憩して、

 

「立ち止まって今の自分を見つめる」

 

ということを試してみてください。

 

 

スポーツでも試合の流れが悪くなると、必ず監督がタイムアウト(休憩)を取りますよね?

 

<strong>わふわふ</strong>
「一旦流れを止めてリセットする」ということには『不安な気持ちを緩和する効果』があるからなのだ! 

 

「置いて行かれてしまう」という焦りと恐怖心

 

  • 私が立ち止まっている間にも他の人は先に進んでいる…
  • 自分には立ち止まってるヒマなんか無いんだ…

 

 

このような「焦ってしまう考え方」にとらわれてしまってはいませんか?

 

 

自分はこんなに頑張っているのに、成果が出ない… 

 

努力に結果がついてこないときほど、辛いときはないですよね。

 

 

<strong>ふわん</strong>
周りはどんどん先に進んでいるのに、自分だけが取り残される…。

 

そんな状況はとても焦り、不安になる気持ちはとてもよく分かります。

 

しかしそんな時に一度立ち止まって考えてみると、この「焦りという恐怖心」こそが、

 

実は『すべての悪循環の原因』になっているのではないでしょうか?

 

「比べてしまうこと」に良いことはまったく無い

 

たとえば、『駅の階段を上がるとき』を想像してください。

 

 

駅の階段の「上がり方」は、人それぞれ違いますよね?

 

一気に一段飛ばしでビューンと駆け上がるビジネスマンもいれば、踊り場で呼吸を整えて、一段ずつ上がるご老人もいます。

 

<strong>わふわふ</strong>
それはその人に合った「それぞれのペース」があるからなのだ!!

 

もちろん、階段をスッと駆け上がっていける人はカッコいいなぁと憧れます。

 

だからつい「よし、自分もついて行こう!」と考えたりしますよね。

 

 

しかし頑張って後を追いかけようとしても、段々と離されてしまうのが現実です。

 

そしてその結果、「追いつかなくちゃ…!」という「焦り」が生まれ、

 

<strong>ふわん</strong>
なんで自分にはできないんだろう…?

 

という「自己嫌悪」のような負の感情が沸き上がり、次第に心を蝕んでいきます。

 

客観的に見れば、そもそも相手とは体力や年齢、そして能力が違うので、「比べる必要なんて無い」と分かります。

 

<strong>わふわふ</strong>
なぜなら「自分と他人は違うから」なのだ!!

 

 

しかし不思議なことに、当の本人からすると、

 

なんでだろう…もっと私ならもっとできるはずなのに…

 

 

という、「自分自身のプライド」に邪魔をされて、周りが見えなくなっているのです。

 

ましてや忙しくて余裕が無いときは、いつも以上に調子が出ませんよね?

 

そんなときほど一息入れて足を止めて、周囲を見渡してみることのできるような、「余裕」を作りましょう。

 

そうすることで先に進める人の、「強味」や「特徴」というような、「真似すべき良いところ」が見えてきます。

 

そして同時に先に進めない己の「弱み」や「性格」を知り、「自身が成長するための改善点」が見えてくるはずです。

 

「立ち止まること」を勧める偉人の言葉

いくら心配性わくわくが「立ち止まることが良いよ!」とお伝えしても、

 

同じような『心配性で不安なあなた』にはあまり響かないかも知れません。

 

  • やっぱり立ち止まってしまうと、もう動けなくなってしまう気がする…
  • 休んでいる間にも、周りは先に進んでしまっているかも…

 

そんな不安や心配事は気になってしまいますよね?

 

…しかし安心してください。 

 

実は過去の偉人達の多くの教えや言葉のなかにも、

 

「立ち止まる」ことの大切さを語っているのです!

 

そんなあなたの心配や不安をやわらげてくれる『偉人たちの名言』も、この機会に合わせて紹介したいと思います。

 

 松島幸之助

失敗の原因を素直に認識し、

「これは非常にいい体験だった。尊い教訓になった」

というところまで心を開く人は、後日、進歩し成長する人だと思います。

 

これは現パナソニックを一代で築き上げ、「経営の神様」とまで呼ばれている、松下幸之助さんの言葉です。

 

焦らずに「失敗」を「受け入れること」で、人は必ず成長できるということを教えてくれていますね。

 

 禅語

「七走一座」(しちそういちざ)

七回走ったら、いったん座ってみよ

 

これは座禅を組むことで有名な「禅」の言葉です。

 

この「禅」の教えは現代でも、スティーブ・ジョブズ、イチロー、安倍首相といった有名な方々が取り入れています。

 

禅とは一言でいえば、「瞑想を意味する言葉」ともいわれています。

 

<strong>わふわふ</strong>
やっぱり1度心を静めることは大切ということなのだ!!

 

中国古典

「一日一止」(いちにちいっし)

「止」という字に「一」を足す「正」という字になるように、

一日に一回、止まって自分を省みることは「正しい」ことである

こちらは中国の古典にある言葉です。

 

古典らしく漢字にも意味があり、中国の長く続く歴史が残した『名言』ということが、より一層説得力を増しますね。

 

だれもが名前を知っている「偉人の名言」から、「何百年も前から伝えられている言葉」まで、数多くのメッセージがありました。

 

そしてこれらすべての言葉が、「立ち止まることの大切さ」を伝えてくれています。

 

「経営の神様」とも呼ばれた松島幸之助さんもそう言っているのですから、焦らずに深呼吸をして、まずは心を一旦落ち着かせてみましょう(*^^)v

 

焦っているときほどひと休みして、視野を広げよう

本来「立ち止まる」ということは、とても単純で簡単なことです。

 

しかしそんな簡単だと思えることが、忙しくて不安なときほど、自然にできてないことが多いですよね?

 

なのでこの「悪循環の流れがある」ということを踏まえて、

 

1度「立ち止まること」を意識してみましょう。

 

 

そしてしっかりと一呼吸置いてから、

 

  • 周りを見渡す「余裕を作る」
  • 自分の中の「反省点を探し出す」

 

この2つのことを、まずは試してみて下さい。

 

<strong>ふわん</strong>
まずは一度落ち着いて、「悪い流れ」をバッサリと区切ることも大事なんだね…。

 

<strong>わふわふ</strong>
それこそが実は一番最初にやるべき、「気持ちを変えるための最善策」だったのだ!!

 

 

今回のお話は心配性わくわく初の電子書籍、『心配性がワクワクしてきた』の中から抜粋してお伝えしています(*´▽`*)

もし興味がある心配性の方はこちらからもどうぞ↓↓

 

ではまた~(*^^)v

 

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です