【人間関係の心理】イライラしなくなる一番効果的な方法は、相手の「良いところ」を探し「悪いところ」は個性として受け入れること!

こんにちは~。

心配性わくわくです(^^)

職場でも学校でも人と関わることで悩まされること、人間関係ですよね。

どうしても人間関係でイライラすることはあります(@_@;)

イライラすると自分の周りにもきつく当たってしまったり、そんな自分に嫌気がさしたりと良いことは一つもありません。

 

なので今回はそんな、

「人間関係でイライラしなくなる方法」

をお伝えします!ヽ(^o^)丿

 

 

相手の「良いところ」を探す努力をする

相手の悪いところ、実は誰にでも見つけることが出来てしまいます。

なぜなら人は相手より優位に立ちたい」という心理があるからです。

人間にも強い者が生き、弱い者は死ぬという弱肉強食という動物の本能が残っているので自然と相手の弱い(悪い)ところを探してしまいます。

 

職場で愚痴ばかり言っている人はいませんか?

おそらくその人はきっと正面から戦えないから、陰口という方法で相手を倒そうと頑張っているのかも知れません(^_^;)笑

 

なので大事なのはすぐに目につく相手の「悪いところ」ではなくて、

相手の良いところ、「長所」を探し出すことです。

 

相手の「長所」を見つけるための考え方

そもそも大前提として、人間に完璧な人はいません!

ごくまれにすごい良い人!完璧!という人がいるかも知れませんが、

人によっては「良い人過ぎて逆に信用できない…」

なんてこともありますよね(ーー;)笑

なのでとうぜん悪いところ(短所)もあります。

 

しかし相手の悪い部分のうしろに、

  • 仕事はいい加減だけど、ぜんぜん怒ったりしない人
  • いつも愚痴ばっかりだけど、任された仕事は責任もってやる人
  • いつも怖い顔してるけど、仕事がすごく出来る人

というように、

「××だけど○○なちょっと良いところもある」と考えることが大切です。

この「ちょっとした良いところ」というのがポイントです(*^^*)

こう考えることができれば苦手だった相手のことを尊敬できたり、新しい良い部分(長所)を発見することにつながります。

 

そして実はさらに相手との関係を良くする方法があるのです!(^_-)

それは少し難易度は上がりますが、

「相手の良いところを相手に直接伝える」

ということです!

 

…はい、難しいですよね!笑

しかし過去に記事にも書いたように、人は褒められることが大っっっ好きなのです!

【わくわくする心理】褒められるだけで人間関係が良くなり仕事の効率も上がる「ピグマリオン効果」ってなんだろう!?

2017.08.25

ましてやあまり人から言われたことのない、あなただけが見つけた「良いところ」を褒められたら…。

自分だったら嬉しくないですか?

なのでチャンスがあればぜひためしてみて下さいヽ(^o^)丿

 

 

相手の「悪いところ」は個性として受け入れる

どうしても相手の嫌なところは目につきますよね?(ーー;)

だらしなかったり、サボってたり、怒っていたり…。

そんなときは相手の悪いところは個性(キャラクター)として受け入れてしまいましょう!

 

この人はこういうキャラだからしょうがない。

相手の悪いところを目にすると「自分の常識と違う」という気持ちからイライラしてしまいます。

なので自分がイライラしなくなるためには、

「自分の常識をあきらめること」

これが実は一番かんたんで効果的です。

「あの人はそういう人!」と割り切ることで自分が相手に固執しなくなるという心理です。

この良い意味であきらめること」ができればイライラすることは圧倒的に少なくなります(*^_^*)

 

 

【まとめ】相手の「良いところ」を探す努力をすれば自分がイライラしなくなる!

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い

意味:坊主憎けりゃ袈裟まで憎いとは、その人(物)を憎むあまり、それに関わるすべてのものが憎くなることのたとえ。

昔からのことわざにもあるように相手の悪いところを見つけてしまうと、

次に相手の悪いところを探してしまいます。

この言葉が今も残っているということは…。

昔から人は変わっていないということですよね?(^_^;)笑

なので人間関係では相手の長所を褒めて、短所は見ないようにするのが実はいちばんコスパが良いのです(^^)v

 

でもそれだと悪い人をどんどん助長してしまうんではないか?

という心配もあるかと思います。

しかしあなたが相手のことを悪い人と思うということは、

周りも同じことを感じています。

 

そうなると相手は自然と孤立していくか、同じような悪い人達と集まっていくものです。

学生時代、ガラの悪い奴らは同じような仲間と集まり、結局問題を起こしては消えていきませんでしたか?笑

類は友を呼ぶとはまさしくそれです(ーー;)

先日ツイッターでもつぶやいていました!

「君子危うきに近寄らず」

君子危うきに近寄らずとは、教養があり徳がある者は、自分の行動を慎むものだから、危険なところには近づかないということ。

自分から危険に近づきイライラするのではなく、相手の良いところを探す努力をすることで毎日を楽しくわくわくする生活にしましょう!

ではまた~(^^)/

【わくわくする心理学】もう人間関係に疲れたくない!楽しく過ごしたいなら「イイトコメガネ」で人生変わるよ!

2017.09.07

【わくわくする心理学】かんたんに人間関係を良くしたいなら「笑顔」の効果を知るとコスパがめっちゃ良い!

2017.09.02

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です