【HSP】『迷惑をかける…』と不安になりすぎることで起きる「3つのデメリット」に注意!【心配性】

ひとは迷惑かけることを恐れると、

「何もできなくなる」

 

 

  • これをしたらまわりに嫌われるんじゃないかな…?
  • 質問したいけど、あいての迷惑にじゃないかな…?

 

 

そんなまわりのひとに遠慮ばかりして、

「迷惑をかけること」を過剰に恐れていませんか?(´・ω・)

 

ふわん
きっとあいても忙しいだろうし、じぶんが声をかけたら迷惑になるよ…。

 

忙しそうにしているあいての時間をもらうのは少し気が引けますよね(;´Д`)

しかし「あいてやまわりの様子ばかりを気にしてしまう」というクセがつくと、あなた自身にとても大切な、「3つのもの」を失ってしまう危険性があるのです!!

 

HSPの気質がある心配性わくわく自身の、「実体験」と「人間の心理」の両方から説明していきます。

 

わふわふ
失ってしまうものの大きさを、あらためて今一度確認して欲しいのだ!!

 

HSPが『迷惑をかける…』と遠慮することで機会(チャンス)を失う

最初にすこし驚くことをあなたにお伝えします。

 

他人はあなたのことをあまり気にしてません。

 

ふわん
そんなことないよ…きっとみんなじぶんのこと見てるはずだから、ちゃんとしなくちゃダメだよ…。

 

もちろんまったく気にしていないわけではありませんが、少なくとも「あなたより」あいては気にしていません。

 


じぶんからしてしたら「迷惑」と感じてしまうことでも、実際あいてからしてみたら「気にならないこと」の場合も多いのです。

 

もちろん相手に嫌われるかもという不安はありますが、そればかり気にしていると…

 

他人の言う通りになってしまい、他人に人生を振り回されてしまいます。

 

「まわりを気にしてしまう」ということは、「じぶんのプライドを過剰に守ってる」という傾向があるからです。

 

自身が傷つくことを恐れてしまい、

  • 「誰からも好かれよう!」
  • 「嫌われたくない!」

という方向にのみ努力してしまっている状態なんですね。

 

わふわふ
起きるかどうか「わからないこと」で足踏みをしているよりも、一歩踏み出した方が「得られるもの」は多いのだ!!

 

『迷惑をかける…』と心配し過ぎて「成長」することができなくなる

 

あなたは「恥」をかくことを過剰に恐れていませんか?

 

ふわん
人前で恥をかかされたらカッコ悪いし、恥ずかしくて死んでしまうよ…。

 

心配性わくわくも昔は人見知りで、人前で話すことも得意ではありませんでした。

 

しかしあるとき本を読んでいるときに気がつきました( ゚д゚)ハッ!

 

失敗しても恥をかくだけで、死にはしない。

 

【聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥】

こんなことわざも古く日本には残っています。

最近だと幻冬舎の有名編集者の箕輪厚介さんの著書、死ぬこと以外かすり傷という本のタイトルにもある言葉が有名ですよね(*^^)v

 

なんでひとはじぶんを良く見せようとするのか?

 

それは意外にもじぶんのことを、「完璧な人間」とおもいこんでいる傾向があるからです。

わふわふ
何でも「じぶんで全て解決させる、完璧にこなす」という考え方こそが、「じぶんを苦しめている原因」の1つなのだ!

 

「プライド」「誇り」をもつことは大切なことです。

 

しかし年を重ねるごとに、怒られたり馬鹿にされたりすることは悔しかったり、嫌だと感じます。

 

それでもじぶん自身を大きく成長するためには、

  • 知らないことは質問する
  • じぶんの非を認める

 

というような「恥をかくこと」から逃げ出さない姿勢が必要になります。

 

自身を守る「過剰なプライド」にとらわれず、柔軟な思考と前向きに取り入れること。

それこそが前向きなじぶんに成長するために必要なことです(*^^)v

 

『迷惑をかける…』と過度に感じるHSPは周囲の評価を恐れて「愛嬌」を失う

 

ひとは「他人の失敗」が大好きです。

 

正直なところ日本人は特に「完璧なひと」に対して、

  • 妬み
  • 嫉妬

 

というような誹謗中傷をする傾向が強いです(´Д`)

 

【出る杭は打たれる】

【能ある鷹は爪を隠す】

ということわざが残っているのがその証拠ですね笑

 

ふわん
芸能人とか「成功したひと」をネットの世界で必要以上に叩くのも妬みなんだね…。

 

しかし反対に、「あいての失敗や欠点などを見るとひとは喜ぶ」という傾向もあります(=゚ω゚)ノ

 

  • イケメン俳優が意外と「おバカな発言」をする。
  • 職場のエース的存在の「完璧なひと」が珍しくミスをした。

 

こんな状況を目撃したら…逆に好感度上がりませんか?笑

 

わふわふ
ミスをしたり、おバカな一面を見ることで親近感を感じるし、なにより「ギャップ」で相手を好感度が上がるのだ!!

 

【他人の不幸は蜜の味】

このことわざの通り、他人の失敗談って…超面白いですよね?笑

 

じぶんの「自慢話」はあいてに嫌われますが、じぶんの「失敗話」は場を盛り上げ、あいてを笑わすことができます(*^^)v

 

「笑う人がいるくらいでちょうど良い。笑われるくらいがいいのだ」

中国の哲学者、老子の上記の言葉にもあるように、「完璧なひと」を無理して演じるよりも、「あいてを笑わせることができるひと」のほうが『愛嬌』があります。

 

わふわふ
まわりから「愛される存在」になることで、人生はワクワク楽しくなるのだ!!

 

【まとめ】 迷惑をかけることを恐れず、自身のプライドの「壁」を壊して踏み出そう!

まわりを気にしすぎることで失ってしまうものは3つ。

  • 機会(チャンス)
  • 成長
  • 愛嬌

 

ふわん
じぶんを守っている「プライド」が、逆に自身の成長を妨げていた原因だったなんて皮肉なものだね…。

 

以前書いた記事にもあるように、

迷惑をかけて当たり前とおもえば、迷惑をかけられても寛容になれる。

という人生の考え方もあります(*゚ー゚)

 

「あいてに迷惑をかけてしまう」ということに抵抗もあるかもしれません。

しかしそのまま「何も変わらずに過ごしていくこと」はあなたの人生にとって、とてももったいないことでもあります。

 

一時的に恥をかくかもしれませんが、

  • 学んだことを『知恵』として吸収する
  • 吸収した知識をさらに改良する
  • 自身で学び得た「知恵」を新しいことに役立てる

 

こんなかたちで前向きに物事を考えることができたらワクワクしてきませんか?(*^^)v

ふわん
これなら一時的に恥をかいても、長い目で見たら「良いこと」っておもえるかも…。

 

わふわふ
じぶんのちっぽけな「プライド」なんか忘れて、どんどん恥をかいて成長すればいいのだ!!

 

と言いつつ、急に行動に移すのは難しいのですよね(;´∀`)笑

 

なのでじぶんのペースで少しづつ、「今のじぶんから変わること」を意識してみてください♪

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です