【わくわくする心理学】もう人間関係に疲れたくない!楽しく過ごしたいなら「イイトコメガネ」で人生変わるよ!

 

こんにちは~

心配性わくわくです。

本当に人間関係って複雑で、人生の中で最も大変なことですよね。

「あの人は自分勝手だ」、「上司が気に入らない」

人間関係の不満は尽きないものです(*_*)

なので、今回はそんな人間関係の悩みに、

「イイトコメガネ」を身に付ける!

 

という考え方についてお話します(* ゚∀゚)

ネーミングはともかく前向きになれますよー!笑

 

 

1、「イイトコメガネ」とは!?

この「イイトコメガネ」、どこかで気いたことありませんか?

そう、2013年頃に放送されたACジャパンのCMなんです。

 

小学生の男の子が「イイトコメガネ」を付けて、周囲の人たちの良いところを発見していくという物語です。

♪~ぼくはもってるイイトコメガネ♪

男の子 「人のいいところが見えるのだ!」

イイトコメガネ♪

男の子 「ゆうくんのあいさつは元気いっぱいだ!」

イイトコメガネ♪

男の子「のりちゃんは、一人でいる子に

よく声をかけてる!」

「しんちゃんは面白いことを言って

みんなを笑顔にしてる!」

イイトコメガネ♪

男の子「ちかちゃんはなんでも、いっしょうけんめいだ!」

「みんなイイトコいっぱい!」

男の子「イイトコメガネは、みんなの心の中にあるよ!」

「パパのイイトコは…」

ナレーション「ACジャパン」

という内容でした。

覚えている方も多いかと思います( ´∀`)

 

 

2、「イイトコメガネ」のCMから学ぶべき点

人間悪いところを見てしまうと、段々とその相手が嫌いになってしまいますよね?

しかも厄介なのは、

一度「嫌い」というフィルターを通してしまうと、今後も不思議と相手の嫌なところをわざわざ探してしまうのです。

 

「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」

ということわざがあります。

「その人(物)を憎むあまり、それに関わるすべてのものが憎くなること」

という意味の通り、相手の悪いとこを探してしまうと、段々と相手の行動から何から全てが嫌いになってしまう状態です。

わくわくの周りにもいますよ、相手の悪口ばかり言ってる人。(@_@;)

言ってる本人も言いながらイライラしてるし聞いてるこっちも気分悪いし…誰が得するんですかね?笑

そんなストレスMAXになってしまわぬように、CMのように率先して相手の良いところを見つけようとする姿勢をぜひ見習いたいですね!ヽ(^o^)丿

 

3、「イイトコメガネ」が人間関係を良くする最大のメリット!

それは、

  • 「相手のことを尊敬することが出来る」
  • 「相手の褒めるべき長所を見つけることが出来る」

という2点です。

この2つは相手が上司や先輩、部下や後輩かで使い分けが必要になります。

 

上司や先輩、目上の方に対して

この場合「イイトコメガネ」で相手の尊敬出来る良いところを見つけましょう。そしてさりげなく相手に伝えましょう。

「○○さん、□□出来るんですね!すごいです!」

…どうでしょう?

自分が後輩とか部下に言われたら間違いなく嬉しいですよね!( *´艸`)笑

 

人間には「自分の生き方を認められたい」という欲、「承認欲求」があります。

特に年を取るほど過ごしてきた人生が長いため、「尊敬されたい」という欲が強く表れていくように感じます(。・ω・)ノ

なので、ある程度の地位を持つ人には相手の自尊心をくすぐる尊敬(相手を敬う)の言葉を伝えましょう。

自分も相手を尊敬できて、相手も喜んでくれる。…素晴らしい人間関係じゃないですか!!笑

 

ただあまり過度にやるとただのごますり、太鼓持ちになってしまうので気を付けましょう。あくまでも自然に。笑

 

部下や後輩、目下の人に対して

今度は部下や後輩を「イイトコメガネ」で見るときです。
上司や先輩では「尊敬できるところ」を探しましたが、今度は「褒めるべきところ」を探しましょう。

部下や後輩を尊敬すること自体は悪いことではないと思いますが、立場的にう~ん…となってしまいます。なぜなら、

  • 頼りがいが無いように見られてしまう。
  • 自意識過剰になりコントロール出来なくなる
    といった心配があります(-_-;)

なので部下や後輩に対しては、

「○○に任した□□とても良かったよ!」

というように、

「イイトコメガネ」で見えた相手の長所を活かした仕事を任せることが理想的ですね。

相手の「イイトコ」に合った適材適所に振り分けることが出来れば効率も上がり、部下や後輩も褒められることで成長していくことに意欲的になります。

まさにWin‐Winの関係!コスパ良いですね(^O^)V

 

 

【まとめ】「悪いところ」は簡単に目につくが、「良いところ」は意識しないと見つけられない!

 

 

 

 

「色眼鏡で見る」

「先入観や偏見を持って判断してしまう」という意味の言葉が昔からあります。

大人になってしまうと色々経験してしまうせいか、人の悪いところばかり目がいってしまいすよね。しかし、良いところを見ようとちょっと意識するだけで、見逃していた良いところはたくさんあるはずです。

相手のイイトコを見つけることが出来れば、自然と相手のことを好きになれます。そして相手も褒めてあげれば相手もあなたに好意をもってくれます。

みんな褒められたいんですよ!(*^_^*)笑

 

楽しく前向きな人生のためにも、色眼鏡ではなく「イイトコメガネ」で見れるよう意識して、良い人間関係を築きましょう!(^O^)

ではまた!

 

 

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です