病院に行く時間が無い!心配性がようやく気づいた、病院に行かないで風邪を治す「3つの方法」

 

病院に行くのは「病状が悪化した状態で時間もお金も無駄にする」ということ

 

 

気候の変化が激しくなると困るのが、

寒暖差で風邪を引くことですよね?

 

心配性は昔からもやしっこの病弱です(´・ω・)

季節の変わり目には必ずといっていいほど風邪を引いてました(´・ω・)

 

なので今回は病弱でよく風邪を引いていた経験から気づいた、

早めに風邪を治す3つの方法

についてお話します( ´∀`)

 

具体的には、

  • 風邪を治すために必要なこと
  • 風邪をひく「原因」と「理由」
  • 勘違いされている「風邪の症状」
  • おすすめの風邪の治し方

の順番にご紹介していきます。

 

この記事は約5分で読めるので、

ふわん
仕事は休めないし、病院にいくのはめんどくさい …

という方の「風邪をひいて病院に行く」という機会が減るので、ぜひ読んでいただきたいです(/・ω・)/ドウゾ

 

1、風邪を治すために必要なことは「睡眠」「食事」「免疫力」

風邪を治すためにはこの3つが大事になってきます!

 

①睡眠

風邪を治すには、

「しっかりと寝てからだを休めて体力を回復させる」

ということが当然ながら、いちばん効果があります。

<strong>わふわふ</strong>
まさにシンプル・イズ・ベストなのだ!!

身体が丈夫なひとは一晩しっかり寝るだけで治ってしまいます。

 

そんな人は病弱な心配性から見たら羨ましい限りですが、

やはり「睡眠」がいかに重要なのかがわかります。

 

さらに早く効果的に風邪を治すには、

  • 寝るときは手首、足首、首を暖めて、熱が逃げないようにして暖かくする。
  • たくさん汗をかいて体温を高め、汗をかいたらその汗が冷えないうちにすぐに着替える。

ということも大切です。

 

しかしそれだけでは足りません!(=゚ω゚)ノ

 

②食事(栄養)

次に必要なのは「食事」です(/・ω・)/

 

人間はもちろん食べることでエネルギーを摂取します。

水分と栄養補給のためにスポーツドリンクや栄養ドリンクを飲んだり、

オレンジジュースや緑茶も飲むことも食欲が無いときはエネルギー補給に役立ちます。

 

食欲があればネギ、生姜を使った料理で、

体温を高めるものを食べる

というのことも効果的ですね(^^)/

 

もしお腹が緩いようであれば消化の良いもの(うどん、おかゆ)にして働いてくれている胃腸をいたわりましょう。

 

③免疫を高める

免疫力を高めるために葛根湯がとても効果的です。

そもそも葛根湯とは総合風邪薬とは大きな違いがあります。

 

風邪の症状を「抑える」総合風邪薬に対して、

葛根湯は「生薬の力で免疫機能を高める」というのが大きな特徴です(/・ω・)/

 

しかし葛根湯を効果的に服用するには、

  • 体力がある時に服用する
  • 風邪の初期症状(汗をかいていない状態)の時

といった使用上の注意点もあります。

 

なので使用の際は「現在のじぶんのからだの状態に合うか」を調べてから使用しましょう。

 

2、一般的な「風邪をひく原因」とは?

風邪の原因は様々あるのでひと言では説明できませんが、

一番多いのは「ライノウイルス」「コロナウイルス」などの、

ウイルスが原因だと考えられています。

 

<strong>ふわん</strong>
しかもそのウイルスの種類は「200種類以上」とも言われているよね…。

 

そんな風邪のウイルスですが、通常からだが元気の状態では多少ウィルスが侵入したとしても問題ありません。

 

なぜなら身体にはウィルスや細菌と戦う力である「免疫機能」があり、

体内に侵入したウイルスを退治しようと働いてくれるのです( ´∀`)スバラシー

 

しかしこのからだを守ってくれている「免疫機能」も、

睡眠不足や疲れ、気温の変化によって体力が低下した状態では免疫力も低下してしまいます。

その結果外部からの侵入したウィルスを退治しきれず、体内で菌が増殖してしまうのです…(*_*)

 

3、勘違いしていた「風邪の症状」

発熱、鼻水、せきなどのいわゆる「風邪の症状」がありますよね?(=゚ω゚)ノ

これらの症状は体内に侵入してしまったウイルスや細菌を増殖して悪化させないようにする、

身体の免疫機能が働いているからといわれています。

 

心配性わくわくも勘違いしていましたが、

熱や咳、鼻水はウイルスのしわざではなく、

「じぶんの身体を守るための自己防衛システム」

だったんですね(◎_◎;)

 

そのため代表的な風邪の諸症状のときに、それぞれの箇所でからだを守るためには働いています。

 

  • 熱⇒体温を高めて免疫機能を活発にし、ウイルスを死滅させる
  • 咳⇒咳と共にウイルスを体外に排出する
  • 寒気⇒免疫機能が活発に働ける体温よりも低くなっている、ということを伝える
  • 下痢、軟便⇒便と共に体外に排出する
  • 鼻水⇒体内で殺したウイルスの残骸を排出する

 

じぶんでも無意識のうちにからだは「健康な状態に戻すため」に働いてくれていたんですね(+o+)

そんな必死に働いてくれている自身のからだのためにも、

次は風邪を治すための行動しましょう!(>_<)

 

4、心配性わくわくがおすすめする「風邪を早く治す方法」

まず一番大事なのは早めの行動です。

名付けて、

「あれ?風邪かな?と思ったらすぐに葛根湯作戦」

 

風邪は初期の状態なら葛根湯がとてつもなく効果を発揮します!( ー`дー´)キリッ

肝心の内容は早めに葛根湯を飲んで、たくさん栄養とって早く寝るという作戦です笑

 

単純ながらも初期症状に気づけるように意識して、早めの対策することが間違いなく最強ですヽ(^o^)丿笑

 

しかし油断して完全に風邪をひいて熱が出てしまうこともあるかと思います(;´Д`)

汗をかくような熱が出てしまうと葛根湯を使用するのはおすすめできません…。

だとすると次の作戦、

「栄養ドリンク&スポーツドリンク&生姜最強作戦」

 

とりあえず食欲が無い場合はスポーツドリンクで水分を確保しましょう。

その時にすりおろしの生姜をスポーツドリンクに入れて温めて飲むとからだが温まり、免疫力が上昇します。

おまけに生姜には「殺菌作用」もあるのでとても効果的です!

熱もあるので様子を見ながら体温を高めてウイルスを弱らせましょう(/・ω・)/

 

そして食欲が出てきたらネギや生姜を取り入れた食事をして、

食後に栄養剤を投入してしっかりと寝ましょう。

 

さらに心配性は上記の作戦で風邪は必ず治る!と考えるようにしています。

なぜなら、

「決まった行動(ルーティン)でじぶんは大丈夫だ」

と思い込むことで効果上昇させることができる、

「プラセボ効果」も意識しているのです(^O^)

 

【まとめ】かぜの症状はからだの免疫機能!その働きを理解することで免疫力をアップさせよう

からだは日々私たちの為にウイルスから身体を守ったり、警告を発したりしてくれています。

それを無視して暴飲暴食や無茶な生活をしていたら負荷がかかり、

からだを壊してしまいます(´Д`)

 

<strong>ふわん</strong>
病気になってからだと時間もお金も余計にかかってもったいないよね…。

 

じぶんのからだの働きを知って、早めに治すことを心がけましょう!

ではまた~(^^)/

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です