【心配性の心理】まだ起きてもいないことを心配してるとコスパが悪い!?そんな時は「見る前に飛べっ!」

こんにちは~

心配性わくわくです。

先日テレビの番組のタイトルに「見る前に飛べ」というラテン語のことわざが使われていました。

これはどういう意味か?

調べて見ると心配性にはとても良く効く言葉だったのでお伝えしたいと思います( ´∀`)

 

 

「見る前に飛べ」とは!?

調べてみるとラテン語の格言、ことわざのようで意味としては、

もう少し考えてから、様子を見てからなどと言っていたらチャンスはどんどん逃げていき、跳ぶことが怖くなってしまう。なので見る前に跳べ!

 

と言うもの。

ちなみにこの言葉はあのビートたけしが歌った曲名だったり、英語でも「Leap before you look」(見る前に飛べ)という言葉があったりします(*´・ω・)

 

確かにとてもシンプルだけど心配性とは対極的な考えですねw

 

 

見る前に飛んだらどうなる!?

 

見なければ怖くない!よーし飛ぶぞっ!

 

…グシャッ

 

アッ…( ゚A゚ )

 

何てことが頭をよぎるのは心配性だからでしょうか笑

これは極端な例ですが、見る前に跳んだら落ちてもちろんケガすることもあるでしょう。

しかし、跳ばないで待っているより、跳んで失敗した方が断然学ぶものが多い」というのがこのことわざの本当の意味で、リスクを怖がらずに跳んで、たくさん失敗した人は経験値が豊富というのは間違いない事実ですよね。

 

確かに学生時代を思い返すとモテてた男子は、臆することのない目立ちたがりやどんどん女の子に告白してた奴らでしたね…(´・ω・)

 

 

心配性には荷が重い!?いいえ、心配性だからこそ飛ぶべきっ!

 

いやいやそんなん飛べてたらそもそも心配性じゃないだろ!

とツッコミが入りそうですよね(@_@;)

しかし心配性の人には心配性じゃない人には無い武器があります。それは、

「心配だから何とかしなきゃ!」

というエネルギー、原動力です!( ゚∀゚)

心配性の人は他の人に比べて、起きてもいない先のことまで考えてしまう」という特徴(欠点?)があります。

もちろんこれだけではむしろ、「飛べるわけない!あれやこれが起こる可能性が…」といった飛べない理由を探してしまいます。

では逆に、「飛ばないと死ぬというのが他の人より先に見えていたら?

 

うーん…

 

 

飛びますね!笑

 

そう心配性は言い方を変えれば、「危険察知能力に秀でてる」と言えるのです!

 

そして飛ぶのが遅れると助かる確率が下がると聞いたら…

 

もっと早めに飛びます!笑

 

コストパフォーマンス的にも飛んだ方が得をする」ということが分かっていれば、心配性な人でも体は動きます!

そしてさらに…

  • 飛んだ先が安全なら飛べたことは自信に繋がる。
  • 上手く飛べずにケガをしたら「どうすれば飛べるのか!?」と反省することで、経験として次の行動に活かせる。

というオマケ付き!( ゚Д゚)ウマー

 

 

【まとめ】逃げるは恥だが役に立つ!まずは行動することが大事っ!

 

飛ばない(行動しない)ということはコスパがとっても悪いということが分かりますね。悩んでも答えは中々出ないし、なにより疲れます。(*_*)

ならば進むにしても、逃げるにしても、まずは飛んで(行動して)みるというのはどうでしょう?

意外と行動してみると「何でこんなことで悩んでたんだろう…」となることも多々ありますよね?

なのでまずはちょっとケガするくらいの小さい幅なら飛んでみましょう(^^)/

 

ちなみに「逃げるは恥だが役に立つ」という言葉はハンガリーのことわざのようです。色んな国で、色んな人が昔から「まずは行動しろ!」って言ってる言葉なので説得力ありますね。

コスパの良いワクワクする毎日のために…悩む前に動こうっ!ヽ(^o^)丿

ではまた~

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です