【経験談】親知らずの抜歯は本当に痛い!?超心配で不安な手術当日から、術後3日目までの体験記

 

こんにちは~

心配性わくわくです。

せっかくの3連休なのに天気が悪いですよね(ーー;)

そんな時だからこそ、普段できないことをやってみました。

それは、

 

親知らずの抜歯!

 

まだ抜いてない人、これから抜くという方に意外に多いのではないでしょうか!?

あくまでわくわく本人の実体験ですが、役立つ情報になってくれれば嬉しいです(^O^)

 

親知らずの抜歯は痛い?痛くない?

「親知らずの抜歯?意外と大したことないよ」

「すごい腫れたし痛かった」

周りの人やネットで調べると、同じ親知らずの抜歯なのに全く逆の意見がありました。

なぜなら、

親知らずの抜歯は上の歯か、下の歯かで大きく異なるからです。

確かにわくわくも上の親知らずは2本抜きましたが、どちらも大して痛くなかったし、腫れもありませんでした。

しかし、下の歯は斜めや横に生えることが多く、歯茎を切開することもあるので、上の歯の抜歯に比べて痛むことや腫れること多いようです。

実際にわくわくの親知らずも斜めに生えていました。歯茎の切開や骨を少し削られたりしたため、術後とても痛みました(*_*)

 

なので抜歯するために情報を集める方は、

自分の親知らずは上の歯と下の歯どちらにあるのか?どんな生え方をしているのか?」

というのを把握しておくことを強くおススメします。

人によって状況が違うので誤った情報を鵜呑みにするとわくわくのように手術後に後悔します…。

 

抜歯当日、あっという間に終わるが…その後が地獄!

手術中は麻酔が効いているので痛みはほぼありません。

手術時間も20~30分程度だったので、「意外と早かったし痛くないんだな~」なんて気持ちでいました。

しかし、大変なのはもちろんその夜、術後当日の夜が痛みのピークでした。

  • 術後は麻酔が切れる前に痛み止めを飲む。
  • 24時間は冷やす(それ以降は血流の循環が悪くなり治るのが遅くなるのでNG)

という対策はしていたものの、予想以上に痛みはあり、血も止まらないので焦りました。

過去の「親知らずの抜歯は大したことない」という体験と、知人の「そんなに痛くないよ」という言葉に油断していたのです。

実際にその期待値を超えれなかった時のダメージが大きいので、「大して痛くない」と期待してしまうと危険です。

 

そして当日は血が止まらないので、夜寝るときは首に「汚れてもいいタオル」をヨダレかけのように巻いておくと便利です。

朝起きるとタオルが血まみれになっていたので、巻いていなかったら布団が大変なことになるとこでしたね(^v^;)

食事は当日は手術前にしっかり食べておき、夜は口の中が大変なことになっているのでゼリーやプリンなど食べやすい流動食が必須ですね!

 

翌日から少し楽になるが…顔に変化が!

翌日の朝、ようやく血餅(けっぺい)と呼ばれる血のかさぶた?ができて、血が止まりました。

しかし、詰め物をしたように見事にほっぺたが腫れていました。笑

わくわくは男性なのでそんなに気になりません(むしろ面白い)ですが、女性だとちょっと大変ですよね。

術後はしっかりと腫れることもあるので、人と会う予定などは避けた方が良いのかなと思います(^_^;)

そしてまだ痛みもあるので安静にして、食事はおかゆ、うどん、豆腐などやわらかいものが食べやすくておすすめです。

【まとめ】術後3日目、腫れは残るが日常生活へ!

 

 

 

 

 

ようやく痛みが気にならなくなり、ブログを書けました(^O^)

今回は台風が3連休直撃というタイミングでしたが、親知らずを余裕をもって抜歯できて良かったと思います。

土日で抜歯すると考える方もいるかと思いますが、下の親知らずの抜歯であれば不測の事態に備えて、しっかりと休める期間にした方が良いと思います。

程度が軽ければラッキー、重ければ休みにしていて良かったと思うことができますよ(^^)/

 

親知らずの痛みは生え方、場所によって人それぞれ違います。

なので、

歯医者さんに行き、必ず自分の親知らずのことを知ってから自分に合った情報を集めることが大切!

まだ親知らずを抜いてない方に経験者から強くお伝えしたいです!(^O^)

ではまた~

 

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です