【経験談】仕事できる人、仕事できない人の「決定的な違い」と、要領良くなる3つの方法!

 

こんにちは~

心配性わくわくです。

先日の記事でも書いたように過去に様々な仕事を経験しており、色々なレストランのホールで働いていたことがありました。

だいたいどのお店も12:00~13:00のランチタイムの限られた時間は戦場のように忙しいんですよね(*_*)

 

そんな忙しい環境で見つけた、

「仕事ができる人、できない人の決定的な違いと特徴」

について今回お話していきたいと思います!

 

 

仕事ができる人、できない人の決定的な違いと特徴とは?

 

以前の記事、「仕事できなくて怒られてる人特徴と改善点」の中で、

怒られる理由は「自分だけのやり方にこだわる」「自分だけ楽する」という自分勝手な行動が原因だとお話しました。

では仕事ができる人、できない人の違いとは何でしょうか!?

それは、

仕事ができる人=効率的に動ける(要領が良い)
仕事ができない人=効率的に動けない(要領が悪い)

というのが色々な人と働いた経験から感じた決定的な違いです。

 

…えっ、もう知ってました?(゜o゜;)

たしかに常識的なことなので何をいまさら言ってるんだという感じですよね。笑

しかし、この「効率的に動くこと」が意外と出来てない人も多くいます。

どうすれば効率的に動くことができるか?

大きく分けて3つの方法があります。

 

物事に優先順位をつける

ヒマなときはひとつのことに集中して出来ます。

しかし、忙しいときはやることが山積みになってしまい、どれから手をつけて良いか分からなくなること多いですよね(*_*;)

そんな時は、

  1. 重要で、すぐにやるべきこと
  2. 重要ではないけど、すぐにやるべきこと
  3. 重要だけど、後でもいいこと
  4. 重要ではないし、後でもいいこと

というように、順番を整理すると効果的です!

 

あれもこれもやらなくては…という気持ちは分かりますが、まずは「今やろうとしていることは本当に今じゃないとダメなのかな?」と考え、物事に優先順位をつけて、冷静に判断することが大切ですね(^^)/

 

視野を広げる

物事に優先順位をつけるためには「視野を広げること」も重要です。

目の前のことだけに集中してしまうと全体の動きを見失い、結果的に自分だけ見当違いのことをしている、なんてことになります(^_^;)

自分は仕事をした気になっているけど、周りからの評価は…そんな人いいますよね?笑

そうならないためにも、

目の前だけではなく全体の動きにも気を配ることを心掛けましょう!

 

 

笑顔を見せる余裕をつくる

余裕がある人ってカッコいいですよね~(*_*)

そう、仕事ができる人ってだいたい余裕があっていい笑顔するんですよ!

反対に効率的に動けない人は「緊張しやすい」「心配性」「自分に自信がない」という特徴があります。

スポーツ選手でも同様に緊張してしまうと良い結果が出せないということもあるので、まずは引きつってても良いので笑顔を作ってみましょう!笑顔になるだけでも効果はあります!

 

 

【まとめ】限られた時間で効率的に動ける=コスパが良い!

 

 

 

 

 

以上、わくわくが色々な仕事の経験から学んだことです。

飲食店での、限られた時間忙しくなるという特殊な環境で教わったことですが、他業種でも十分に役立っています(^^)v

  • 物事に優先順位をつける。
  • 視野を広げる。
  • 笑顔を見せる余裕をつくる。

この3つを意識することで、

他の人より効率良く動ける=コスパの良い生活

そう考えるとわくわくしませんか?

ぜひ知っていた方も知らなかった方も試してもらえたら嬉しいです(*^_^*)

ではまた~

 

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です