【仮想通貨】58000000000NEMの内、心配性の5000NEMが返ってこない!コインチェック事件から約1か月、被害にあった心境と今後の予想

こんにちは~。

あの忌まわしいコインチェックのNEM流失事件から一か月経ちました!

年末からの仮想通貨バブルからの年明けのバブル崩壊、そして流失事件という波乱の2018年となりましたね(*_*)

出川さんがCMをしていて国内最大手と言われていたコインチェックがまさかのハッカーによる被害を受けました。しかも流失額が580億NEMって…数字にしたら記事タイトルが大変なことにw

今回は実際の被害者としての心境と今後について話していこうと思います。

 

心配性わくわくの被害額は!?

わくわくは5000NEMを日本円で約20円の時に購入していたので、約10万円相当の被害額になります(@_@;)

10万円て!!大きい額じゃないか!!

と、思いきや仮想通貨の怖いところは仮想という名の通り、

意外と実感が湧かないという点。

コインチェックのアプリもサイトも通常通り(ただし引き出す等の一部機能凍結中)なので、価格は暴落しつつも無くなったという感覚はあまり感じていません。

 

しかし心配性が辛いと感じたのは、「仮想通貨は詐欺だ」、「あんなものに投資するなんておかしい」、「コインチェックは倒産する!」といった「仮想通貨」に対する世間からの激しいバッシングでした。

実際に被害にあったので、「自分は間違っていたのかな?」、「お金は本当に返ってくるのかな?」とネットの不確かな情報が目に入るたびに不安になりました。

 

なのでとりあえず情報源であるツイッターをアンインストールしましたw

もう不安になるだけならそんな情報いらんっ!コインチェックからの正確な情報はよこーいっ!w

といった具合に開き直り、1か月ほど断ツイッター生活を体験。

その結果、ちょっと元気になりました(笑)

 

 

コインチェックの対応の今後の予想

補償はすると早々に明言したコインチェックですが、具体的な日にちについてはっきりとしていません。

もしかしてNEMの価格が下がってるこの時期に、実は580億NEM分買付して保障してくれるんじゃないのー!?(^_-)-☆

なんて希望的観測をしてみましたが、そんなことしたら価格が一気に変動してさすがに分かるだろうと思うので残念ながらあまり現実的ではありません。個人的には今季の確定申告が終わったタイミングで、国から以前提示していた金額(88,549円)でNEM保有者に補償するのではないかと思います。

そして国からの指導なので強制的に日本円に利益確定⇒税金払えよーヽ(^o^)丿

というコンボが繰り出されるのではないかと…(白目)

理想としては…

コインチェック 「迷惑かけてすまん!お詫びに被害者には割引するからこれからもよろしく!」

国 「大変だったね、かわいそうだから利益確定分は非課税にしてあげる♡」

という妄想をしてみましたが…う~ん…。

期待しないでコインチェックからの続報を待ちましょうヽ(^o^)丿

 

 

【まとめ】仮想通貨には期待をしてる!けど自身の勉強は不可欠である!

今回の事件は内部の犯行という疑いがあったマウントゴックス事件とは違い、コインチェックもハッカーからの被害者であるとも考えています。

なのでコインチェックとしても、なんとか再生の糸口を探して営業を再開できる努力をするのではないかと思います。

ただ会社の説明にあった保管方法と異なっていたり、コインチェックのセキュリティーの甘さには問題があったのは間違いないので失った信用を取り戻すのには時間がかかりそうですね。

しかしこの事件をきっかけに仮想通貨の名前は広がり、各取引所もセキュリティを強化することでしょう。

そんな変化が起きているときに自分に出来ることは、

  1. 淡々と積立投資で枚数を増やす
  2. 仮想通貨の情報を集めて知識を深める
  3. 自身で管理するための勉強をする

ということですね。

インターネットが広がり世界が激変したように、仮想通貨、ブロックチェーン技術によってまた世界に変化が起こるんではないかとわくわくしています(^O^)

ではまた~!

【仮想通貨】暴落!不安で心配な日々が続くときはあえて見ない!東京オリンピックのことでも考えてわくわくしようよ!

2018.01.13

【仮想通貨】心配性なのにビットコインを購入したのは3つの将来が不安な理由から

2018.01.04

 

 

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です