【コスパ】夏休み!青春18きっぷ使ったら片道2500円!?東京から神戸まで14時間半かけて行ってきたよ!

 

 

 

 

 

こんにちは~

心配性わくわくです。

先週夏休みを利用して神戸のおばあちゃんに会いに行きました!

青春18きっぷで!!

 

おいおい三十路のくせに青春18きっぷ使うのかよ…

なんて思わないで下さいね(´・ω・)

青春18きっぷは年齢は関係ないのでいくつでも青春していいんです!\(^^)/

※ただし購入出来る期間には注意!

 

さぁそんな青春18きっぷを使っての神戸までの道のりを振り返りたいと思います。

 

スポンサーリンク

青春18きっぷとは!?

 

青春18きっぷは日本全国のJRに限り1日乗り放題の券です。

主に学生などの春季・夏季・冬季休暇期間を利用期間として発売され、原則として新幹線・特急・急行を除く旅客鉄道会社全線の普通列車・快速列車など、運賃のみで乗車できる列車に乗車することができます。

料金は現在は5回(人)分で11,850円

さらに詳しく知りたい方はこちら

 

 

1、東京から神戸(三ノ宮)までの主な主要駅

今回は利用した駅はざっくりこんな感じです。

品川→小田原→熱海→興津→浜松→豊橋→大垣→米原→三ノ宮(神戸)

 

県でいうと東京から神奈川、静岡、愛知、岐阜、滋賀、京都、大阪、兵庫と9県も渡りました(゚A゚;)

 

2、地元駅~品川

朝は気合いを入れて地元の電車を始発で乗りました。

日曜日に出発したのでラッシュにも巻き込まれずに都内は脱出出来ました。

しかし都内の平日7~9時の時間帯は出来れば避けたいところですね( ´Д`)

 

スポンサーリンク

 

3、品川~熱海

熱海まではスムーズに来たのでですがここで乗り換えなので、少しだけ休憩して次の電車のホームに向かっていました。

ふと電光掲示板を見ると乗ろうとした路線に

「シカと衝突のため運転見合せ」の文字が…

 

( ゚д゚)

 

強制的にしっかり休憩を取らされました(*_*)

 

しかし熱海駅前には無料の足湯「家康の湯」があるので休憩には丁度良いです♪

屋根があるので雨の日も安心、近くの自販機でタオルも販売してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてアーケード商店街にある「あをきのひもの」というお土産屋さんには試食がたくさんがあるのでおすすめです(^_^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4、熱海~興津

本来なら熱海から浜松までの直通列車を狙っていたのですが、本数が少ないのに加えてシカ衝突事件でダイアが乱れたので、直通列車は諦めました。

なので今回は始発列車が出る「興津」で降りて「浜松行き」に乗り継ぎしました。

ちなみに「こうづ」ではなく「おきつ」と読むので聞き逃して乗り過ごさないように注意して下さい!

 

スポンサーリンク

 

 

5、興津~浜松

この熱海~興津~浜松はほぼ全ての車両がロングシート(横並びの席)で、しかも乗っている時間が長いので座っていると中々疲れました( ´Д`)

ここがこの旅の一番の難所と言っても良いくらいです。

後々調べてみるとこの方のブログが良さそうだったので次回は試してみたいと考えています( ・`ω・´)

 

 

6、浜松~豊橋

浜松駅は豊橋方面行の始発電車が出ます。

なので時間を調整すれば座れる可能性がぐっと高まります

さらに駅前に飲食店が多いので、時間を調整しつつご飯を食べるには良い駅です( ´∀`)

そして浜松から豊橋の間は浜名湖があるので車窓から見えるとテンション上がります!
見落とさないように注意ですね( ^ω^ )

 

7、豊橋~大垣

豊橋にはカレーうどんの下にとろろとご飯が入っていて、カレーの汁を最後まで味わえるように工夫されたとてもボリュームのある

「豊橋うどん」

 

というご当地グルメがあります。

駅近くには少し混んでいる有名店「玉川うどん本店」と、今回の旅で利用した少し駅から離れたところにある穴場「勢川本店」がおすすめです!( ´∀`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

8、大垣~米原

大垣も米原行きの始発があるので時間調整と休憩兼ねて駅前散策をオススメします( ´∀`)

大垣駅は水の都として有名らしく、ご当地名物もその綺麗な水を使った

「水まんじゅう」です。

 

 

 

 

 

 

駅前に「つちや 駅前店」、さらに進んだ先に

「金蝶園 総本家 大垣駅前本店」という老舗和菓子屋さんが売ってます。

とても涼しげなのでおやつとして食べてみることをオススメします( ゚Д゚)ウマー

 

ここで一つ注意ポイント
大垣から米原は「関ヶ原越え」と呼ばれる区間で、列車本数も車両の編成数も少ないです。

下り、上りのいずれから来ても、接続のいい列車で到着すると、この区間は座れなくなる場合がありますので、座るなら一本待つ覚悟で予定を組んでおきましょう(^o^)

また乗車時間は40分程度なので体力的に余裕があれば、駅で待っているよりも立ってしまうのも一つの方法ですね。

 

 

9、米原~三ノ宮

ようやく目的地までもう少し!
観光しながらとはいえさすがに長いこと電車に乗っているとだいぶ疲れてきました(*_*)

しかしこの区間は2時間ぐらい乗っていたのですが、新快速ならボックス席があるので楽でした!

なので気がつけば寝落ちしてしまいあっという間に三ノ宮に着いてました笑

京都、大阪からすぐなので乗り遅れないように注意しましょう!

 

スポンサーリンク

 

10、「車内での遊び」があると旅が楽しくなる!

長いこと電車に乗っているとさすがに飽きがきます(*_*)
携帯ゲーム等も良いですが、意外と盛り上がった「車内での遊び」も少し提案してみたいと思います!( ´∀`)

 

勝手に駅名、地名ランキング

自分の知ってる駅名、地名をお題(強そうな、かわいい、かっこいい等)に合わせて言い合う。
(例、かっこいい駅名→聖蹟桜ヶ丘駅)
一番共感を集めた人が優勝!

知らない地名、駅名が出た場合はGoogleマップで確認して審議しましょう笑

意外と盛り上がるし地理の勉強にもなります。地元が違う友達同士だとさらに◎

 

GPSで車窓から

車窓から景色を眺めてると「あの山何て名前だろう?」とか「この建物不思議な形!」とか思いますよね?

だいたいは分からずに通り過ぎてしまいますが、スマホのGPSで自分の位置情報をONにしてマップを開くと現在地が動いていきます!(当たり前ですが笑)

これで地図と景色が連動するので周りに何があるか解説しながら景色を見ることが出来ます。

企業の工場や建物、山や川の名前など色々と知ることが出来るので意外と地理や社会の勉強になります!
何よりマップ上で現在地のマークが少しずつ動くのがかわいくて愛着がわきますよ(*´・ω・)笑

 

 

【まとめ】のんびり観光しながらなら長い旅路も苦ではない!

 

 

 

 

 

 

今回は青春18きっぷを試験的に利用してみましたが、正直意外と楽しく移動できました( ´∀`)

ただし、

  • 丸1日移動に費やす覚悟で挑む
  • 体力に自信がある
  • 途中トラブルがあってもイライラしないこと
  • 時間に余裕を持つ

などの条件がクリア出来ないと楽しく青春18きっぷを使うのは難しいかな?とも思いました。

しかし「青春18きっぷで来た!」というと周りはビックリするかと思うので話のネタになるかと思うので是非一度お試し下さい(* ゚∀゚)笑

 

ではまた~

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です