【おすすめ】悩める30代は必見!!将来のことが心配だったけど、佐藤航陽さんの「お金2.0」を読んだらわくわくしてきた!!!

こんにちは~。

お金の価値が変わる!2018年に読むべき1冊!

というフレーズで人気のある「お金2.0」を発売からようやく読みました(^_^;)

この本は時間を売買できるサービス「タイムバンク」を運営する株式会社メタップスの創業者、佐藤航陽さんがお金に苦労した少年時代の経験から、お金について自身がこれまでの人生で感じてきたすべてを教えてくれる本です。

今までの親世代の「お金の価値」と、私たち子ども世代の「お金の価値」の違いなどが分かりやすく説明されていてとても読みやすい本でした(^^)

今回はそのなかから、心配性わくわくが特におもしろいと感じた部分を紹介していきたいと思います!

将来が不安な30代にはとても良く効く「おくすり本」でした笑

多くの人の人生の悩みは3つに分かれる。

これは以前この本を読んでから気になったので記事にもしました(^^)

【わくわくする心理】人生の悩みを大きく分けるとたったの3つだけって本当!?前向きになるための方法

2018.03.19

人の悩みには大小あれど、この「①人間関係②健康③お金」の3つしかないだなと思うとすこし不思議ですよね?

逆に考えたら、この3つさえなんとかすればもう悩むことは無いんですね!

まぁそれが難しいんですが…笑

ただこの「3つ」に自分の悩み事を当てはめて、1つずつ解決していけば良いと考えることが出来れば「どうしたらいいか分からない」という漠然とした心配や不安はなくすことが出来そうですね(^^)v

 

快楽物質という「ご褒美」なしに、人間は何かに繰り返し打ち込んだりすることはできない。

この本の中では「お金」そのものの話だけではなく、人間の脳の仕組みや人類の歴史なども盛り込んでいます。そのなかでも気になったのがこの部分でした。

人間や動物の脳は、欲望が満たされた時に「報酬系」または「報酬回路」と言われる神経系が活性化して、ドーパミンなどの快楽物質を分泌します。

人間も動物もこの報酬系の奴隷のようなもので、ここで発生する快楽物質が欲しいために色々な行動に駆り立てられます。

 

報酬系の奴隷…(@_@;)

なかなかのパワーワードですよねw

最近ではインスタグラムでもあまりに熱中する人のことを「承認欲求の奴隷」と揶揄されることもあったので、これに似ているなとも感じました。

さらに報酬回路の怖さを説明しているのがこちらの一文。

あるラットの実験で、ラットの報酬回路が存在する脳の中脳と言われる部分に直接電極を刺してボタンを押すと電気が流れドーパミン神経系を刺激する装置を作ると、自ら進んでボタンを押し続けた。

一度、報酬回路を電気で刺激することによって人工的に快楽をもらえることがわかったラットは、1時間に数千回もボタンを押し続けて、死ぬまでこの動作を繰り返した。

 

死ぬまで繰り返してしまうぐらいこの「報酬」というのは人や動物にとって麻薬のように、たまらない快楽なんですね(-_-;)

しかし逆に考えると、この快楽という「ご褒美」のためなら人間は一生懸命に努力出来るということですよね?

ということは自分の「ご褒美」さえ決めることができれば、前向きに行動して日々わくわくできそうですよね(^^)/

楽しさなのか、やりがいなのか、名誉なのか、お金なのか…人それぞれ何を求めているか違いますが、自分の原動力になる「ご褒美」を見つけましょう!

 

 

人間は他社との比較の中で自分が幸福か不幸か、優劣を判断する相対的な生き物である。

これも面白いことで、人間はどうやら「比べたがる生き物」のようです(・・;)

大半の人の脳は周囲と自分を比較する物差しがあったほうが、より刺激や快楽を感じやすいという性質を持っています。

言われてみれば、確かにみんなが10万円もらうよりも「自分だけ」が10万円もらう方が嬉しいですよね?

…正直に言いましょう。

 

自分だけの方が嬉しいですよね?笑

 

この人が周りと比べたがるのは、以前の記事にもある「嫉妬」にも関連しています。

【心配性の心理】羨ましい!憎い!!ずるい!!!誰もが内に秘めている7つの大罪「嫉妬」って結局何なんだろう?

2018.03.17

 

ただしこの考え方は悪いことではありません。

これは他人より比較的優位にありたいという欲望が、人間が継続的な努力をする原動力となり、これを集団の全員が思うことで全体が発展していくことができます。

人類が発展していった背景にはこの他人よりも良い暮らしをしたい、優位に立ちたいという欲望が原動力だったという考えもあったんですね(・・;)

 

 

35歳以降になって発明されたテクノロジー(技術)は、自然に反するものと感じられる。

これはイギリスの作家ダグラス・アダムスの言葉で人間は年齢によって新しい技術に対しての感じ方が大きく異なる」ということです。

  • 生まれた時にある⇒自然な世界の一部と感じる
  • 15歳から35歳の間の発明⇒新しくて面白く興味を持つ
  • 35歳以降の発明⇒自然に反するものと感じる

 

たしかにスマホは便利で我々にとっては生活必需品ですが、親世代はかたくなにガラケーから変えようとしませんよね?(ちなみに心配性わくわくは30歳ですw)

私たちの脳は一度常識が出来上がってしまうとその枠組みの中で物事を考えたり判断するようになってしまい、新しく誕生した技術などを客観的に見ることが難しいようです。

「一般的な大人」としての考えが固まると、その「自分の常識」というフィルターを通した世界しか見れなくなってしまうんですね。

たしかに人生の半分近くを生きてくれば、いくら便利でも突然表れた新技術を警戒してしまうという気持ちはすこし分かります(+_+)

しかしこれはだれにでも当てはまることなのですが、この年齢によって感じ方が違うということを「知っている」だけで自分のなかの世界が広がって、得した気がしませんか?

これからの生活を生きるには「常識を疑う」ということも必要になりそうですね(^^)v

 

 

【まとめ】「お金2.0」はお金のことだけじゃなく「未来」のことも教えてくれた!

話題になっていたこの本ですが、うわさ通り本当に勉強になりました。

お金のことはもちろん、人間の心理、歴史、そしてこれからの未来についても書かれているのでとても面白かったですヽ(^o^)丿

現代はスマホを持つ個人からインターネットで世界中の人といつでも繋がることが出来る時代です。

こんな時代は今の私たちしか経験していません。

なので自分の親や先生、上司という私たちから見た大人からのアドバイスは、ことわざのように「昔の人々の知恵として現代でも通用するもの」「当時の価値観でしか通用しない話」と聞き分けて、しっかりと自分自身で判断することが大切になってきます。

これからの時代をわくわくしながら生きるためにも時代は日々変わっている」ということを忘れないようにしましょう!ヽ(^o^)丿

ちなみにこの本の中に「ギロチンは庶民の娯楽」という気になる文があったので記事にしました笑

良かったら合わせて読んでください(^^)v

【怖い心理】ギロチンは庶民の娯楽!?処刑道具を楽しみに変えてしまう人間の恐ろしい心理とは

2018.03.21

ではまた~。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です